×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

浄霊の原理 全文

第一

この原理を説くに当たって最も困難であることは現代人の教育程度では非常に判り難いと思うからである。というのは現代教育が徹頭徹尾唯物主義によって構成されたものである以上これもまた止むを得ないのである。

ひるがえって今日各宗教の開祖の事蹟を文献や言い伝えによって眺むるとき、必ずといいたいほど奇蹟を行っている。大宗教ほどしかりである。ところがその時代の文化程度ではただ奇蹟を表し利益を与えるだけで大衆は納得した。その内容や理論は別に求めようとはしなかった。そうしてここに遺憾なのは最も奇蹟を表したキリストのごとき、もしあの贖罪がなかったとしたら、生存中にいかに大多数の人類を救い教線を拡充し得たかはいまでも想像され得るのである。それがすこぶる短期間で終わったのは、まったくその時代サタンの力の方が強かったためで、これは否定できない事実であろう。以上のごとくサタンの力が勝れていたということは、霊界の関係で時期尚早であったからである。しかるにいよいよ時は熟し霊界の大転換は廻(めぐ)り、サタンの力が日に月に弱まりつつあるのは吾らの霊感によって明らかである。

私は神示によって、今日まで世界の謎とされていたあらゆる事象を感得しこれによって正邪を明らかにし、善悪の根本を究明し、一切の過誤を是正し、今日まで唯物文化のみ進展しつつあった偏向的現実に対し、断然唯心文化をして躍進せしめ両々相ともに進歩発展せしめ、地上天国の理想世界を出現せんとするのである。それについて本教信者が驚くべき奇蹟によって、大いなる効果を挙げつつあるその原理の一端を解説しようとするのである。さきに述べたごとく、未開時代の人や文化の低劣時代と違い、現代人は具体的に表れた奇蹟だけでは、全面的信頼は湧かない。どうしても理論の裏づけがなくては納得しないのである。既成宗教萎靡(いび)の原因もその宗教が唯物文化を否定するだけで、現当利益を与え得ないからでもある。

ここで本教信徒が顕す奇蹟の中の浄霊法の原理を説いてみるが、それは病者に向かって数尺離れたところがら手を翳す(かざす)ことによってたちまち難病重患が軽快する。堪え難い苦痛も短時間に軽減または消滅する。どう考えても奇蹟というよりほかはない。数人の博士が見放した病者が、何ら医術的素養のない入信数カ月の信徒が、起死回生の効果を挙げることは枚挙に遑(いとま)ないほどである。現代の唯物的見方ではまったく理屈に合わない大問題というのほかはない。

現代医学は何百何千年以前から各国の優れた学究が研鑽錬磨し完成されたものであって、その精微にして巧緻(こうち)なる療法は賛嘆に価するものがある。しかも数十年の修錬研究はもとより何万の学費を費してなった現代大家が意のごとくならない病患が、無学の一凡人が浄霊法を行うや顕著な効果を現すのであるから、まったく世紀の驚異であるといっても過言ではあるまい。実に理外の理とはこのことである。これらの実績を聞知しただけでは容易に受け入れないばかりか、かえって迷信視したり、精神異常的にみることさえあるのも、蓋(けだ)し止むを得ないであろう。恐らく歴史有って以来の空前の大事件である。本教の宣言にある「病貧争絶無の世界」というような大言壮語は、真に確信がなくてはいえるものではない。もしその実力がないとすれば、それは世を欺瞞することとなり許すべからざる罪悪を構成するからである。ところが、前述のごとき奇蹟は実は吾らからいえば奇蹟ではなく、絶対的根拠があり、顕るべくして現るという科学的説明の裏づけがあるのでそれをできるだけ詳細に書いてみよう。

第二

いよいよ浄霊の原理を説くが、これについて前提として知らなければならないことがあるからまずそれから述べてみよう。

そもそも万有一切は、物質のみではなく、別に眼に見えないところの霊なるものがある。勿論、人間といえども霊と体とから成り立っており、これを概略分類すれば霊は太陽の精であり、体は月と土の精である。それを判りやすくいえば霊は火であり陽であり、男であり、表であり、経であり、昼である。それに引き換え体は水であり、陰で女で裏で緯で夜である。ところが科学においては体のみを対象として、霊の存在を認めない。この点が根本的誤謬である。何となればもし人間が体のみで霊がないとしたら、それは単なる物質である、木石と同様無機質である。生命もなければ精神の活動もありえない。こんな単純な理論が判らなかったことが、今日までの科学の根本的誤因であった。故に彼ら科学者の考え方は、この空間は空気のみの存在として他は無としていた。ところが何ぞ知らん、空気以外の諸々の不可視原素がどのくらいあるか判らない事実で遺憾ながらその発見にまで科学は未だ進歩していないのである。

右のごとき不可視原素の実態を幸いにも私は発見し得たのである。これを私は霊科学と名づけた。この発見を契機として、人類の最大苦である病気が滅消される時代が開始されるに到ったことは勿論である。今日まで全然不明とされていた病患に関するものは一切解明されたのである。したがって今日のごとき医学研究の必要はもはやないと言ってもいいのである。

次に病気発生の根源をせん明してみるが前述のごとく人間は霊と体の二元的要素から成立している以上、人間が生きているというその動きは、霊と体が密合一致し、霊が体を動かしているからである。そうして霊は人体と同様の形状をなし、霊の中心に心があり、心の中心に魂がある。この三者一体の活動が意志想念となって表れ、この見えざる霊すなわち意志想念が肉体の支配者であるから、霊が主で体が従となる、すなわち霊主体従である。これを判りやすくいえば人間が手足を動かす場合、手足が自主的に勝手に動くのではない、意志の命令に従って動くのである。眼も鼻も口も人体全部ことごとくがそうである。病気といえどもこの原理の通りで、判りやすくするため、誰でも経験のある腫物を取り上げてみよう。腫物は最初小なる隆起ができ、それが漸次腫脹し、膨大し、赤色を呈し、発熱を伴い局部は痛み、痒み等の苦痛があるのが通例である。この現象は体内の毒素が自然生理によって排泄さるべき活動が起こり、一局部へ集溜し発熱によってその毒結を溶解液体化し、排泄を容易ならしめる、それが自然良能作用である。また排出口を作るべく、皮膚をより薄く柔軟ならしめる。故に赤きは、透明状となった薄皮を毒血が透して見えるのである。それから間もなく小孔が開きたちまち液体毒血膿は潟出し浄化が終わるのである。

右は体の説明であるが、この際霊はいかなる状態であるかというに、腫物そのままの一種の雲状を呈するのである。いわば曇りである。病気の重いほど曇りは濃度である。右のごとく曇りが霊の局所に集まるかというと、それが不断の浄化作用であって霊全体の曇りが一個所に集溜し、排泄活動が起こる、それが病気である。勿論体の方とは密接不離な関係である。しかるに腫物の場合、医療は穿孔または切開によって毒血膿排除を行うがこれは大なる誤りで、多くの場合毒血膿が充分集溜せざる以前に手術を行うため、切開後非常に長い間毒血膿が集溜し、傷口が塞がらないことがよくある。盲腸炎手術後など何年も傷口が塞がらないのは右の理によるのである。故に堪能なる医家は、腫脹が充分熟するのを待って切開するが、これは全治を非常に早めるのである。ところが最初から何らの方法も行わず、腫脹が充分熟して自然に小穴を作り、毒血膿排泄するようにすれば予後は非常に良好にて短期間に治癒する事実はとうてい手術の比ではない。例えば未熟の手術は一カ月を要するものが、熟した手術は十日間で、自然放置は五日間で治癒するのである。しかし困ることは自然熟を待つとすれば排膿までの期間苦痛に堪えないが、一度手術をすれば、一時苦痛を免れるから手術も止むを得ないということにもなる。

ところが右の苦痛はいかに激しくとも浄霊療法を行えば、苦痛は全然消失するのみならず、膨大赤色の脹れが毒血膿排泄されるまで、無痛であるのをみて人々は驚嘆するのである。この不思議な原理を次に説いてみよう。さきに、霊主体従の原理を説いたがこれは独り人体ばかりではない。一切万有ことごとくはこの法則に漏れるものはないのである。したがって浄霊の目的はこの霊の曇りを解消するのである。これによって霊の曇りは虚脱状態となる、つまり霊の生を死に転換するのである。死んだ曇りは力が零となるから、神経を刺戟しないことになる。無痛苦となるのはそれがためである。しからば、なお徹底して浄霊が曇りを解消するというその原理はいかなるものであるかを説いてみよう。

第三

前項に述べたごとき霊の曇りの本質は一体何であるかというと、これは人体保有の水素中に発生した毒菌である。この毒菌は恐らく数百万倍の顕微鏡でなくては見えないほどの極微粒子であってこの微粒子発生の原理は別の項に詳説することとするが、ここでは右の毒微粒子を死滅させる原理を説くに止めるとして、この死滅法こそ言うまでもなく霊の力である。

しからば浄霊とは、霊の曇りすなわち毒素を人体放射能の力によっていかにして死滅させ得るかというに、その放射能の原素は光の本質である火素から発生する光波である。これはちょうど水素中の毒菌とは反対の元素で、一言にして言えば善と悪である。勿論この光波は光の極微粒子で、この活力こそすばらしい殺菌力を発揮する。とすればこの光波の本質とは一体何であるか、いまそれを解説してみるが、この光波の極微粒子こそ、神霊からの放射能であって、本教の浄霊によって奇蹟を表す現当利益の根源で、これに対し信徒も第三者もただ不思議の感に打たれるだけで、その原理を知りたい意欲は誰もが同様であることは、私もよく知っていた。故にこれまでとても大いに解明したかったのであるが時期尚早のため、いままで発表はできなかったのである。ところがいよいよ時期切迫、もはや発表するの止むを得ない時となったのである。

私は浄霊の方法として現在行っている方法は、光の文字を大書した紙片を与えるのである。それをお守りとして懐へ入れることによって効果を発揮する。それは光の文字の墨色から強力なる光波が放射し、術者の身体から腕を通して掌から放射される。この放射力は数尺ないし数間くらいが最も適当としている。そうしてこの光の文字から光波が放射されるということは一体いかな訳かというと、私の体から霊線を通じ個々の光の文字へ一瞬にして伝達するのである。ちょうど放送の無線電波とよく似ている。私の霊体から、霊線を通じて光波が放射するとすれば、一体私の霊にはどういう仕掛けがあるかということになるが、それを知ることによって疑いは解けるわけである。それは私の腹中に平常は直径二寸くらいの光の玉がある。これは見た人もある。この玉の光の塊から光波は無限に放射されるのである。しからばこの光の玉のその本源はどこにあるかというと、これが霊界における観世音菩薩の如意の玉から、私に向かって無限光を供給されるのである。これがすなわち観音力であり、不可思議力妙智力とも言われるものである。如意輪観音が持し給う玉もこれである。

第四

ここで、観世音菩薩の由来を書かなければならない。諸仏中ひとり観世音のみは昔からご秘仏とされていた。これは深い神秘があるので、その神秘の全部は未だ時期なお早く発表はできないが、いずれ神の許しのあり次第発表するつもりである。ここでは浄霊に必要だけの神秘を書くこととする。

勿論、観世音のお働きは仏教渡来からであるが、その当時から最近まではただ霊のみの御救いであった。勿論人間が祈願することによって利益を賜るには賜ったが、それははなはだ微弱であった。その理由として光の原素は火素と水素の密合であるが地素が欠けていた。故に利益を与える場合二元素のみであったから、力が不充分であったわけである。ところが霊界における大転換の時が迫り来った。聖書中の世の終わり、最後の審判の時がそれである。これがため最も強力なる絶対的救済力が必要となった。この力こそ前述のごとく火水土の三位一体の力であって、土の力とは物質の原素で、人間の体に当たる。光が体を通過することによって土素が加わり三位一体の力となる、すなわち観音力である。これを判りやすく言えば観世音菩薩の如意の玉から発揮される光素が、私の体を通じて観音力の発現となり、それが私から信徒の体を通じ浄化力となるのである。

右の理を例をもって解説してみよう。例えてみれば、昔から病難除去の利益を戴くべく、観世音の画像または彫像に向かって祈願するに対し、今日、本教の信徒が行う浄霊の方が何倍かの利益を挙げ得るのである。それは画像や彫像からの光波では二元素のみで、肝腎の体の力が加わらないからである。

いま一つの理由として、常に私の唱える霊界の大転換である。これは昭和六年六月半ばからでそれ以前の霊界は水素が多く火素が少なかった。しかるにそれ以後水素よりも火素の方が漸次増加しつつある一事である。もっともこの時より数十年以前から転換は始まっているにはいたが、それは火素がすこぶる稀薄であったことである。ここで光の強弱について説明するが、光の強いということは火素が多いからで、電灯の燭光が多いほど熱が強いのと同様である。

いま一つの例は、私の腹中には火素の塊があるから、普通人より非常に熱いとよく言われる。私は毎晩のように奉仕者に肩を操ませるが、誰もが非常に熱いといい、冬でも一、二枚衣服を脱ぐくらいである。また私が部屋にしばらくいると、部屋が熱いとみんなが言うり私は「ストーブの代用になる」と大笑いすることがある。私は入浴後、寒中でもタオルの寝衣一枚で、一、二時間そのままでいる。しかも私は特別のぬる湯好きである。これは火に水を注ぐとかえって熱度が増すと同様の原理で、冬晴天の日の方が寒いのもこの理によるのである。