×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

狐霊について

「日本人と精神病」の項目に述べたごとく、前頭内の貧霊は必ず不眠症の原因となることは勿論で、それは右側延髄部附近に固結があり、それが血管を圧迫するからである。また狐霊が憑依する場合、前頭部を狙うのはさきに述べた通りで、前頭内は人体を自由に支配できうる中心機能があるからである。それを憑霊はよく知っているからそこへ憑依し、自由自在に人間を操るのである。狐霊はこの人間を自由にするということに非常な興味をもつばかりか、狐霊の数は日本だけでも何千万あるか判らないほどで、彼らにも団体があり、その首領があり春族も無数にある。その大きな団体としては伏見、豊川以前あった羽田、王子、笠間等で、その他中小団体は全国至るところにあり個人の家でも祀ってあることは衆知の通りである。狐霊界には稲荷の眷属と野狐との二種がある。勿論野狐は人間界の無宿者と同様であるから、彼らは稲荷に祀られたい欲求をもって常に活動している。狐の中にも産土神の家来となっている良質のものもあるが、大部分は不良狐となっている。そうして狐霊は人をある種の精神障害にしたり、人に罪悪を起こさせることを非常に好むもので、最も悪質なのは殺人または自殺等を行わしむる奴さえあって、その手腕によって仲間から重んぜられ、巾が利くということは、人間界で与太者やヤクザと同様である。狐霊の悪い奴になると数十人の殺人を犯したことを得々ということさえある。

狐霊の性格はちょっと人間では想像もつかない点がある。というのは彼らは実に饒舌家で、一分の休みもなくしゃべり続けるのである。ある種の精神病者が間断なく自問自答していることがあるが、これは狐霊との問答で、患者の耳に断えず聴こえるのである。医学ではこれを幻聴というがこれと同じく霊が見えるのである。よく患者が空間を見詰めて恐怖したり、泣いたり笑ったりすることがあり、医学はこれを幻覚というが、これは霊界に実在するいろいろの霊や、霊の動きが見えるのである。その場合、時によっては患者に狐霊が憑依し、その霊視力を利用し狐霊の仲間が霊界に在って化装するのであるから、万物の霊長たる人間も、狐霊の意のままに翻弄されるわけで、実に情ない話である。以上の例として私が経験した数例を書いてみよう。

一 二十五歳の男子、ときどき葱依する狐霊があるらしいので、私は霊査し、次のごとき問答をした。

私「貴方は誰方?」

彼「この方はこの肉体の祖先で、百八十年前に死んだ武士で、○○○○というものだ」

私「何のために憑りましたか?」

彼「望みがある」

私「どういうお望みですか?」

彼「俺を立派に祀ってもらいたい」

私「承知しました。では貴方の武士であったときは何という主君で、何代将軍時代ですか?将軍の名は何といいますか?年号は何といいますか」

と次々突っ込んで訊くと、シドロモドロになった彼は、ついに兜をぬいでしまう。彼は俄然態度が変わり、曰く、「ヤッ失敗った。駄目だ。俺は穴守の春族だ。騙そうと思って来たけれども、とうとうバレチャった」といいながら、早々帰ってしまった。狐霊にもそれぞれ名前があって、三吉とか虎公とか、白造とかいうような簡単な名前で態度も言語もベランメー式である。数日たつとまた憑依したので、私は霊査したところがやはり先祖の名を語り編そうとしたが、私がそれからそれへと質問するので、こ奴もついに降参してしまった。彼曰く、「この間俺の友達の○○というのが来てバレたので、今度は俺なら巧くやれると思って来たがやっぱり駄目だ。他所へ行くと大抵巧く騙すが、この肉体に憑ると不思議にバレちゃう」というから、私は「お前らのような木葉狐では駄目だから、この次は穴守の親分を連れて来い」と言ったら、彼は「親分は来ねえよ」と言って帰って行った。

二 二十四歳の人妻、猛烈な精神病を私が治したが、その経過が面白い。狐が蟠居していた。前頭部から移動するとともに勿論覚醒状態となった。それから肩から胸部、腹部、啓部というように、漸次下降し、最後には肛門部から脱出したのである。それまでに約半年くらいかかった。ところが面白いことには移行しながら彼のいるところで必ずなにかしゃべっている。私はときどき聞いてみた。いまどこにいるかと聞くと「胸のこの辺にいます」と指さす。なにかしゃべっているかと聞くと、「ハイ、コレコレのことをしゃべっています」というが、しゃべる事柄は、愚にもっかないことばかりである。そうして初めの内ははっきり判るが時日のたつに従い言語は漸次小さくなり、ついに肛門から離脱する頃は、ほとんど聞えるか、聞えないくらいであった。ところが不思議なことは、狐霊の言葉は発声地が体内であるから、外部からの普通の声とは違う。内部から内耳へ伝達するわけで、いわば無声の声である。これらも将来霊科学的に研究すれば、有益な発見を得るであろう。

狐霊の最も好むのは患者を驚かすことで、例えば「いま大火事があるから早く逃げろ」というので患者は、裸足で飛び出すことがある。また大地震があるとか、誰かが殺しに来るとかいって、患者を逃走させるかと思えば、「コレコレの所に、天国があって美しい花が咲き、立派な御殿があり、実によいところだから俺が連れて行ってやる。けれどもあの世にあるのだから、死ななくてはいけない」といって連れて行き、川へ投身させたり縊死させたりするようなこともよくあるのである。右の婦人もそういうことがたびたびあった。一時は三人の男がつききりで警護したのであった。

三 石川某という彫刻師があった。彼は、精神病の一歩手前の症状で、どういうことかというと、家で飯を食おうとするや、幻聴がある。「石川お前がいま食う飯には毒が入っているから危ないぞ」との声に、彼は箸を捨て、外へ飛び出し、蕎麦屋へ入る。また食おうとすると、同様のことをいわれるのでまた、寿司屋へ入るというように、一日中、諸所方々を巡り歩いて、空腹のまま帰宅するというわけであった。

夜は夜で、彼が二階に寝ていると、家の前を話しながら通ってゆくらしい。数人の声が聞える。その声は、「石川は悪い奴だから、今夜殺(や)っけてしまう」というので驚いた彼は、終夜びくびくしながらマンジリともしないというのである。

私は、「雨戸が閉って、しかも二階で往来を通る人の言葉がはっきり聞えるはずがないではないか。また本当に君を殺すとしたら、ヒソヒソ話ならとにかく、大声で話し合うわけがないではないか。それはみんな、狐が君をからかうのだ。また食物に毒が入っているというのも、狐がからかうのだ。町の飲食店で、毒を入れたらどうなる。殺人罪でジキに捕まるではないか。そんな馬鹿馬鹿しいことは、ありうべからざることだ。また人間の姿が見えないのに、声だけ聞こえるという、そんな馬鹿なことがありうるはずがない。みんな狐が騙すのだから、今後人間がいなくて、言葉が聞えるときは全部狐の仕業と思えばいい。狐は暴露したと思うと詰まらないから止すものだ」と言ってやったところ、それから間もなく平常通りになったといって喜んで礼に来た。

四 自動車の運転手、二十七、八歳の男の精神病を私は治したが、正気に帰ってから病中のことをいろいろ聞いたところ、彼の言うには、屋根へ上りたくなり、電柱や立木をスラスラ登り屋根の上を、彼方此方駈けるように歩き、瓦をめくっては往来へ投げつける、というわけで家族の者はずいぶん困ったそうである。彼の言うには、「屋根へ上るときも、瓦の上を駈けるときも、少しも怖くない。というのは、足の裏が吸いつく」というのである。これで判ったことだが、すべて、獣でも虫でも、足の裏が触るるや、吸引作用が起こり、真空になるので、密着するわけである。逆さになって天井裏を自由に這う虫なども、そういうわけである。

五 十七歳の娘、猛烈な精神病でときどき素っ裸になり、ズロース一つで暴れるので、その際三人くらいの男子がやっと抑えつけるほどで、そういうとき、私が霊の放射をすると、おとなしくなる。これも一年くらいで全治し、数年後結婚し、子供までできたほど、常態に復したのである。

右のほか、狐霊の憑依例は、多数あるが、右の五例だけで、およその認識はつくであろう。そうしてよく狐霊がいうには、○○経の読経を聞くのが一番好きだという。なぜかと聞くと、神通力が増すからだとのことである。それに引きかえ天津祝詞を聞くのは一番嫌だという。それは苦しいからだというが、これは誤りではない。なぜなれば○○宗の行者は狐を使うものであり天津祝詞を聞くと狐霊は苦しみ萎縮するからである。

(○○経、○○宗は、このページでは省略しましたが、いづのめ版天国の礎には明記されています。)