×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私という者

これから書こうとする事柄は、何人も見たことも聞いたこともないものであるから、そのつもりで読んでもらいたい。それは私が私を批判するのであって、いわば私のほかに別な私があってそうするので、全然飾らない赤裸々な私の姿を浮かべるのであるが、恐らくこんな変わった試みは、いままでにもなかったであろう。ではなぜ私はそんなことを書くのかというと、これには意味がある。それは古往今来私ほど不思議な人間が現れたことはないとともに、私自身としても他人には想像できないほど、私自身が見る私は不思議でならないからである。それについてはまず私の仕事から書いてみるが、知らるるごとく現在私が最も主力を注いでいるのは病気治しである。

現在の社会で治病の方法としては、何といっても医学である。西洋においては紀元前かの有名な医聖ヒポクラテスが始祖であり東洋では前漢時代盤古氏(盤古神王ともいう)が漢方医学を創成されたとなっておりどちらも治病の手段としては薬を主としている。ところが漢方医学の方はほとんど見るべき進歩はないが、西洋医学の方は科学文化の影響を受けて驚くべき進歩を遂げたのであって、薬の種類もますます増え、機械、光線、空気等の物理療法の発達はもとより、その基礎的手段としては解剖、分析、顕微鏡、動物実験等々、微に入り細に渉って遺憾なく行われている。というようにどちらもすでに二千有余年の歴史の上に築かれたものであり、西洋医学の方は十九世紀以後科学の発展に伴い一大飛躍によって、漢方医学は太刀討ちができず、現在は微々たる存在となってしまったのは衆知の通りである。

その結果世界の医学は西洋医学独占となったのみか、この医学を進歩させさえずれば、病気は解決されるものとの信念によって、各国とも奨励しているのが現在である。またそれを修得する方法としては、小学から大学までの課程を経、卒業後は実地経験を積み、漸く一人前になるので、それには少なくとも二十余年の歳月と、何十万という費額もかかり、実に容易ではないのである。それでも完全に病気の治る技術を得らるるとしたら何をかいわんやであるが、事実は病気の治らないこと夥しいのは、医師も知る通りである。なるほど医療によれば一時苦痛は緩和し、治るように見えるが、日を経れば必ず再発する。といって手術によればなるほど患部の機能を除去するから、再発はしないが、形を変えて他の病気が発生するのもまた事実であるから、この理屈が本当に分かったなら、医学は当然革命されなければならないのである。

ところが今日までそれが全然分からないがため、一時的苦痛緩和を治る過程と錯覚し、その方法を進歩発達させて来たのであるから、実に驚くべき無智であった。なによりも医学が進歩する半面ますます病人の増えるのがなによりの証拠である。故にこのまま進むとしたら結局人類健康に対する危機の来るのは断言できるのである。以上が医学の実体を露呈したのだが、このような恐るべき寒心事に対し世界中一人の発見者がないのであるから摩詞不思議で、これこそ二十世紀の一大謎といってもよかろう。ところがこの現状に対し突如として私の説が出たのであるから、正に原子爆弾である。すなわちこれによって長い間の暗の幕は切って落とされ、光明赫々たる病無き世界は、実現の第一歩を踏み出したのである。

そこでいよいよ医学は滅亡という大異変が目前に迫り来たのである。とはいうものの、これほど人類の心を根強く把握して来た医学の迷妄を晴らすことは容易な業ではない。換言すれば邪を正に立て直すことであり、しかも主神の経綸である以上、困難はいささかもないのである。そうして私という者を選ばれたのは、天地創造の時すでに約束されたことであって、このため大救世事業に必要な智慧と力を与えられたのである。したがって私はいささかも医学を学ばずして、徹底的に知り得たのであるから、この事だけにみても私という人間は、未だかつて地球上に現れたことのない不思議な人間である。

というわけで私は神智の眼を通して見るとき現代医学がいかに根本的に誤っているかは表現の言葉すらない。慄然とするのである。このことはこれまでの私の著書にも詳しく書いてあるから略すが、ここで肝腎なことは病気を治す方法である。それは老若男女を問わず、職業のいかんに関係なく、私の説を信じて治病の術を学ぼうとする場合、数日間の教修を受けるだけでいい。その際お守りと称する半紙倍くらいの紙片に、光の文字を書いたものを与えられるから、それを懐へ入れれば直ぐに治病の力が発揮されるとともに、それから修練次第でやや大きい光明のお守りと取り替えられ、なお進んで大光明となるが、これだけで驚くほどの治病力の持ち主となるのは勿論、この方法を浄霊というのである。

例えば大病院や博士から見放された者でも、たちまちにして快癒に向かい全治する事実に対し、聞いたり読んだだけでは、とうてい信ずることはできまいが、なによりも全治者手記の報告と礼状を見れば分かるごとく、現在一カ月二、三百通に上り、漸次増加しつつあり、本教発行の印刷物に載せ切れないほどである。ではこのお守りの文字なるものがなぜ治病力を発揮するかというと、これもなかなか神秘であるから、そのつもりで読んでもらいたい。すなわち私の腹の中には光の玉がある。この玉こそとうてい説明はできない幽玄微妙なるもので、いわば主神が自由自在に行使する神器であって、昔からいわれている如意宝珠、麻邇の玉がこれである。勿論この玉の威力こそ人類はじまって以来初めて私という人間に与えその使用を許されたもので、この玉の光が霊線を通じてお守りに伝達し、無限に光を供給するのであるから、お守りの数がどれほど増えても何ら変わりはないのである。

以上によっても分かるごとく、私が行う業は宗教ではない。宗教以上のものであって、名称をつけることはできないのである。そうしてありのままをいえば、宗教というものはある期間中の役目であって、仮の救いであり、永遠性はないのである。かの釈尊の日われた仏滅といい、仮の娑婆も、キリストの世の終わりが来るという言葉もこのことであった。というのは今日までの宗教では本当に病気は治らないのは事実が示している。現在宗教のほとんどが医学に頭を下げ、病院を造っているにみても明らかである。これでみても宗教の力が科学以下であることを証明しているわけで、気の毒ながらもはや既成宗教の生命は終わったのであるから、このことを一日も早く自覚すべきである。したがってこの意味が肚の底から分かったなら、弥勒下生も、キリストの再臨も、救世主の降臨も容易に分かるはずである。もし分からないとしたら、それは事があまりに大き過ぎるためと、二千年以上もそのようなことがなかったので、人類はありうべからざることと決めてしまっていたからである。というわけで開祖の教えは信じつつも、他面予言の方は信じられなかったという自家撞着に陥っていたのである。