×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

東方の光


   今から約二千年前ぐらいと思うが、ヨーロッパの一隅から「東方の光」 という言葉が生まれ、だんだん拡がって今日は世界中知らぬ者はないほど であるが、今日までこの言葉の意味が本当に分らなかったため、今なお謎 のままになっているのであろが、私はこれについて真の意味を知らせよう と思うのである。

   では「東方の光」とは何かと言うと、結論からいえば実は私に対する予言で あったのである。これを知ったなら驚かぬ者はないであろうし、第三者とし ては直ぐに信ずる事はできまいから、ここに確実な例証を挙げて説き明かし てみるのである。それにはまず私の生まれた場所と、それからの移動経路で ある。私の生まれたのは改正前の東京市浅草区橋場町という貧民窟であった。 この場所について説明してみると、こうである。日本という国は言うまで もなく地球の極東に当たり、且つ日本の東の都は東京であり、東京の東は 浅草であり、浅草の東は前記の橋場町であるが、橋場から東は隅田川にな っているから、全くここは東のどんじまいで、世界全体からみても最東端 である。ここでオギャーと生まれた私は、八歳の時橋場から西に当たる千 束町という町に移り、小学校を終えた頃日本橋区浪花町へ移り、次に京橋 区築地町へ、当時の荏原区大井町へ、同大森へ、麹町区平河町へ、今の宝 山荘のある玉川へ、次いで大いに飛んで箱根、熱海へ移ったが、今度は京都 へというように十回移動したが、右のうち麹町を除いては九回共西へ移転 している。勿論今後も西へ西へと移って、何れは中国から遂にはヨーロッ パ辺りまで行くのは勿論である。

   ここで今までの日本におけるあらゆる文化を検討してみると、その悉く は西に生まれ東に向かって移行発展したものである。宗教上では、仏教、 キリスト教初め、日本に発生した神道、仏教の各宗各派も、悉く西に生ま れ東漸したものであって、ただ日蓮宗だけが東から生まれた唯一の宗教で ある。というのは、これには深い理由がある。それはどういうわけかとい うと、抑々仏教本来の意義は、いつも言う如く夜の世界であった期間中の 救いであって、つまり月の神の守護であったのである。ところが時節到来昼 の世界に転換する事になるについては、一切は霊界が先であるから、霊界に おいては、すでに七百年前に黎明の第一歩にはいったのである。

   そのために生まれたのがかの日蓮上人であって、彼が一通りの修業が終わ るや、一念発起愈々法華経弘通に当たらんとして不退転の決意を固めるや、 まず故郷である安房に赴き、海に近い清澄山に登って、今や太陽の昇らん とするその刹那、東天に向かって南無妙法蓬華経の称号を声高らかに唱え たのである。そうしてその時を契機として愈々法華経を振りかざし、天下 に向かって怒号し、法華の功徳を口を極めて礼讃したのであった。それか らあらゆる法難と闘い、遂に今日の如き揺がざる一派を樹立した事績は、 襟を正さしむるものがある。上人のこの偉業こそ実は東方の光の最初の一 石であったので、これを霊的にみるとそれまで闇の世界であった霊界の東 端、今や太陽の昇らんとする直前、微かな一閃光であったともいえる。勿 論人間の目には映らないが、大経輪の一歩として重要なる神事であった事 は勿論である。それから六百数十年を経た昭和六年六月十五日黎明を期し、 私は三十数人の供を従え安房の乾坤山日本寺の山頂に登って、東天に向かい 祝詞を奏上すると共に神秘なある事が行なわれた。それはまだ発表する事は できないが、この行事こそ夜が昼になる境目としての経綸であった。面自 い事には、清澄山は右の乾坤山の東方指呼のうちにあり、全く姉妹山であ る。また寺の名が日本寺というのも、右の神秘を暗示しているわけである。

   右は仏教に関する因縁を書いたのであるが、その他としては、儒教、道 教、漠学、漢方医学等々、日本最初の文化は悉く中国、朝鮮から渡来した もので、近代に至って西洋文化が輸入された如く、日本文化の殆どは西か ら東漸したものであった。というように、初めから東に生まれたものは日 蓮宗以外全然なかったのである。またここで考えなければならない事は、 右の如く西に発生した文化によって平和幸福な理想世界ができたとすれば 何をか言わんやであるが、現実は全然その逆でさえある。なるほど今日唯 物的には立派な文明世界にはなったが、肝心な人間の幸福は全然得られな いばかりか、将来とても得られそうもないと思うのは何人も同様であろう。 それがため現在の人間は心の底にはなんら希望もなく、その日暮しのうち にも何かしら不安がこびり付いているので、心の底には希望の光を求めて 止まないのが大多数の共通した観念であり、この欲求の中心こそ実に「東 方の光」であったのである。

   右の如く私は文化の根本が逆の移動であった事を書いたが、その理は大 自然の実相を見ればよく分る。即ち日月は東から生まれて西に向かって運 行する事である。これが真理である以上、東方に生まれたものこそ永遠な る真そのものであるから、これを信じ行なう人にして真の幸福を得られる のは断言して誤りないのである。これを一言にして言えば、今日まで西か ら東へ押し寄せた濁水を一挙に清めて、西へ押し返し、澄み切った水晶世 界を造らんとするのである。

昭和27年(1952年)11月12日
「栄光」182号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.682
『聖教書』 p.17


戻る