×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

神人合一


   よく昔から神人合一という言葉があるが、実際からいってそういう人は、 今までに一人もなかったと私は思っている。なるほど釈迦、キリスト、マ ホメットの三大聖者にしても、神人合一の如くみゆるが、実は神意の伝達 者であって、分り易く言えば神の取次者であったのである。というわけで 世人は神人合一と、神の取次者との区別を知らなかったのである。即ち神 の取次者は神憑りや、神の命によって行動するのであるから、常に神や仏 陀を祈り、その守護を仰ぐ事にしているのである。

   ところが私はそういう事は全然やらない。信者も知る如く、神を祈る事 もないし、神の指示を仰ぐ事もない。ただ自分の思うがままを実行してい ればいいわけで、甚だ簡単である。としたら今までに例のない事とて、変 に思うかも知れないから、ここに差し支えない点だけを書いてみよう。い つも言う通り私の腹には光の玉がある。これはある最高の神様の魂である から、私の言動総ては神様自身が、私を自由自在に動かしているのである。 つまり神と人との区別がないわけで、これが真の神人合一なのである。

   従って、私に在られます神霊は最高の神位であるから、これ以上の神様 は世の中にないのであるから、他の神様に頭を下げる意味はないので、何 よりも信者が日々顕わしている奇跡がそれを証拠立てている。その奇跡た るやキリストの顕わした奇跡以上の奇跡が常に顕われているので、私の弟 子でもキリストに比べてなんら劣るところはないのであるから、この一事 だけでも私の神格は想像つくはずである。

   今一つ一言わねばならない事は、今日までの悉くの聖者は、将来天国的世 界が実現するという予言はしたが、自分自身造るとは言われなかったのは、 全く神格が低く力が足りなかったからである。私は自分自身が病貧争絶無 の地上天国を造ると宣言しているのは、右の理由によるからである。とい うわけで今後私は今までにない幾多の驚くべき経綸を行なうから、それを よく見て貰いたいので、とうてい人間業とは考えられないような事が、ど しどし出てくるであろう。

昭和27年(1952年)5月7日
「栄光」155号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.479
『聖教書』 p.27


戻る