×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

私の告白


   よく私が聞かれる事に、「大先生は、観音信仰がよほど熱烈であられた と想像される」と言うのは、殆ど紋切型といってもいい。この想像は信 者としても大部分はそうであろう。況んや第三者においておやである。と ころが驚く勿れ、私は観音信仰は全然なかったのである。ただ観音様は如 何にも眉目秀麗、円満なるご容姿と、何宗でもまつられてあるその固着や、 偏頗のない点に好感を持っていたまでである。ところが前項の初めに書いた 如く、私の傍に観音様の霊が終始付いておられる事を知って驚くと共に、 この時を契機として観音様に関しての奇跡が起こり始めた。これらも追々 発表するがそのようなわけで、遂には観音様のご本体は神様である事を知 り、何れ時機が来れば、観世音菩薩はある期間救いのために化身されたの であるから、最後には元の神位に復帰さるるという事なども分ったのであ る。そうして昭和元年から観音様は終始私の肉体に憑られ、私に種々な事 を教えられ、命じられ、自由自在に私の肉体を使われるのである。全く私 を機関として一切衆生を救わせ給うのである。

   以上の如くであるから、私が観音を信仰して今日のようになったのでは ない。全く観音様の方で私を道具に使われるのである。このようなわけで、 私というものは観音様の身代りといってもよかろう。故に観音様という主 人が思い通り使われるので、私としては全然自由がない。といって観音様 が揮われる妙智力は自由無碍であるから、その点また別でもある。一言に して言えば、普通人より自由がなく、普通人より大自由があるというわけ で、この心境はなかなか説明がし難い。普通人には想像すらできないから である。

   今一つ私の変わっていると思う事は、昔からの開祖や聖者等はすべて何事 も神秘にする傾向があった。恐らく自分の心境を赤裸々に述べた例は殆ど なかったであろう。もっともそうする方が有難味がよけいある事も考えら れる。しかし私はそういうやり方はどうも好まない。もっとも時代の関係 もあろう。何しろ今日は神でも信仰でも、科学的に究明されなければ承知 しないのである。そういう知性人が社会を指導している現状だから、幽玄 神秘的では一般を分らせる事は至難である、観音様もその点を鑑みられ、 私のやり方のような方法をとられたものであろう。

   それについてこういう面白い事がある。あまり古くはない頃、本教を、 ある種の目的のため潰してしまうと宣言し、あの手この手を用いた人があ った。それをまた頻々と知らせてくれる人もあった。その都度私は笑いが 止まらなかった。というのは、観音様を相手に喧嘩しようとするのだから、 実に大胆だか無謀だか馬鹿だか、批評の言葉はない。そこで「何でも自由 におやりなさい、私は傍観者として眺めているから」と、彼の使者に言っ た事もあった。

   また本教へ対して種々の野心を抱いたり、種々の誤解をする人などが数 え切れないほどあった。今日はよほど減ったが、何しろ一時は本教が急激 に世の中へ喧伝されるようになったので、うるさいほど善悪共にいろいろ な人が来て、てんやわんやであったのは、止むを得ない過渡期の現象でも あった。しかし、その渦中に置かれた私は、いつも心は落ち着いている。 何となれば観音様はどれもこれもどういう風に解決なさるかという事に深 い興味をもっていたからである。

   今一つ面白い事は、世界の情勢や、社会の推移、個人の運命等、必要な 事は前もって種々な形で知らされるので実に面白いのである。そのうちの幾 分かは発表する事があるが、これも露骨には言えない。何故なれば政治に 関した事や、世界の偉い人の事、天災地変、既成宗教の運命等々であるか ら、種々の誤解を招く耀れがあるからである。

   まだ種々書きたい事があるが、この項はこれくらいで筆をおく事にする。

昭和24年(1949年)10月5日
「自観叢書第四篇 奇蹟物語」     『岡田茂吉全集』著述篇第六巻 p.325
『岡田茂吉全集』著述篇補巻一 p.200
『聖教書』 p.30


戻る