×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

宗教は奇跡なり


   宗教と奇跡は切っても切れない関係にある事は、昔から幾多の文献によ っても明らかである。もし奇跡のない宗教でありとすれば、それはもはや 宗教とは言われない。何となれば奇跡は神が作るのであって、人間の力で は一個の奇跡も作られ得ないからである。故に奇跡のない宗教は宗教とし ての存在価値はないわけである。ただ形式だけが如何に宗教的であっても、 それは宗教的価値を喪失していると言ってもいい。

   以上の意味において、偉大なる宗教ほど奇跡が多く顕われる事は当然で ある。奇跡とは換言すれば予期もしなかった利益が現われる事である。そ れによって衷心から信仰心が湧起し、入信し不幸から救われる。これが真の 宗教でなくて何であろう。百の理論よりも一の事実に如かない事はいまさ ら言う必要はない。今日の世相は敗戦による結果とは言いながら、社会悪の 激増は勿論、特に将来の日本を担うべき青年層が不健全なる思想に禍され、 混迷裡にある事実は寒心に堪えないものがある。その原因を衝けば唯物思 想を金科玉条として教育された結果で、この誤謬に目覚めない限りとうて いこの問題は解決され得るはずがない。然らば唯物思想を打破するにはど うしたらよいかというと、勿論宗教心に目覚めなければならないが、それ には根本として見えざるところの神を認めしむる事で常に我らが唱導する ところである。とすればその方法はただ奇跡あるのみである。奇跡とは勿 論人間業では不可能とされたものが可能となり、理論では絶対解釈ができ 得ない事実を目の前で見せられるとすれば、如何なる疑惑も一遍に雲散霧 消するのは当然である。

   故に標題の如く「宗教は奇跡であり、奇跡は宗教である」と言い得るの である。従って奇跡によって神の存在を認識せしめ、唯心思想を育む以外、 平和日本建設も社会悪追放も、予期の成果は挙げ得るはずはない。

   人文史上、本教ぐらい奇跡の多い宗教は未だ見聞した事はあるまい。こ の意味において世界の大転換期に当たって、唯心的魂を喪失した世界に対 し、奇跡の息吹によって眠れる魂を揺り動かすのが本教の目的である。

   万能の神は、観世音菩薩またのみ名大光明のみ手を通じて、自由無碍な るご活力を駆使し、多々益々奇跡を示し給い、本教を機関として救世の大 業を行なわせ給いつつあるのである。

昭和24年(1949年)6月11日
「光」     『聖教書』 p.37


戻る