×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

農業の大革命


   私は十数年以前から、自然栽培法といって金肥人肥を用いず、自然のみ の肥料を使って農作物の収穫を得る事を発見し提唱してきたのであるが、 その当時農民に向かって如何に説得し信じさせようとしても、なかなか耳 をかす者がなく随分努力をしたが思うようにはゆかなかった。しかし最初 からの私の信念は、これこそ絶対の真理である以上、いつかは必ず分る時 が来るに違いないと共に、これによらなければ、農民はいつになっても救 われないばかりか、国家の運命にも至大なる関係がある事を考え、撓まず 屈せず今日に至ったのである。ところが幸か不幸か、私の憂慮した通りの 重大なる事態となってきた今日、農民諸君は固より一般日本人にも分らせ なければならない事を痛感するのみか、この自然栽培の前途にも漸く光明 が見え始めたので、いよいよ時機至れりとここに大宣伝を行なう事となっ たのである。

   そうして、この農法に都合のよかった事は、私が宗教家であるだけに、 信者は不思議な説とは思いながらも、ともかく信じて実行に移った者も少 なくなかったので、割合早く効果が分り、共鳴者も追々でき、最近に至っ ては信仰者ならざる一般農民層も、漸く注目を払うに至ったのである。し かも今回別項の如く農林技官金崎貞男氏が、職掌がら技術方面の見地から、 数年にわたって熱心に研究の結果、ここにいよいよ驚嘆すべき成果を認め、 発表する事となったので私としては喜びに堪えないのである。それという のも一般はこの栽培法は宗教から出たという理由で、ともすれば迷信視せ られがちなのが、同技官の発表によって、それを打ち消すに大いに力ある と思うからである。

   言うまでもなく現在日本における最大の悩みは、何と言っても主食の不 足である。何しろ終戦後狭くなったこの国土に対し、人口の方は増えるば かりで、現在すでに八千四百万というのであるから、ここに緊迫せる問題 となったのである。しかも本年の如きは、二千数百万石の不足となるので、 それがため各国からの輸入によって、辛くも安定を得ているに過ぎないと 共に、その輸入額に至っては、実に千数百億に上るのであるから、国家経 済の上からいっても、実に容易ならぬ事態となったので、この解決ができ ない限り、我が国の前途や全く寒心に堪えないものがある。のみならず世 界の状勢によっては、いつ如何なる事態が発生するやも分らないのだから、 全国民に対する絶対量の確保は、どうしても達成しなければならないので ある。

   然らば何故我が国が全人口を養うに足るだけの米の産額を得られないか というと、これこそ私が言わんとするところの根本理由がある。それは現 在までの農耕法に一大欠陥があったからで、その欠陥というのは金肥、人 肥の如き人為肥料であってそれに気が付かなかったのである。では何故そ れほどの過誤が、今日まで分らなかったかというと、長い間に不知不識一 種の肥料迷信に陥ってしまったのである。ところが、私はそれを発見した 以上、その迷夢を覚まし、農耕法の大革命をしなければならないと痛感し、 この運動を起こしたのである。

   ここでいよいよ本農法が、堆肥のみで収穫を得られるというその原理と、 方法を詳しく書いてみるが、その前にまずこの自然栽培法の効果である。 それはこの方法を継続すれば、肥料代も要らず、虫害は何分の一に減り、 風水害も半分以上に減るから、実に驚異的農耕法である。

   そうして特筆すべきは、自然栽培でできた物の素晴しい美味である。米 麦でも野菜でも一度味を覚えたら、有肥栽培の物はとうてい食う気にはな れなくなる。現に私なども自然栽培者がますます増えるので、現在は食い 切れないほど貰うのである。また果実も同様人為肥料を止めてから質も良 好で、皆感謝している。花卉にしても花は大きく、色鮮かで美しく、生花 などに使う場合、長持ちがするとて喜ばれている。

   次に自然栽培は、害虫が激減する事である。元来害虫なるものは、人為 肥料から湧くものであるから、廃止すれば湧かないに決まっている。とこ ろが現在は害虫を駆除しようとして、殺虫剤や消毒薬を盛んに用いるが、 実はこれが土壌へ浸み込んで、害虫発生の原因となるのでその無知なるを 哀れむべきである。そうして近頃の如く、毎年と言いたいほど風水害を蒙 るが、自然栽培によれば実に被害が少なくなる。というわけで本来作物が 人為肥料を吸収すると以外にも非常に弱くなるもので、それはこういうわ けである。即ち人肥でも金肥でも、作物が吸収するやそれが有毒化し、そ の毒が害虫の食物となり、繁殖するという理由を私は発見したのである。 また肥料によっては肥料自体から害虫が湧き、それが作物そのものを食い つつ増えてゆき、根に発生すれば根毛を食い荒し、弱らしてしまう。葉枯 れ、茎折れ、花落ち、実の不熟、馬鈴薯の萎縮などの原因もそれである。 また根毛以外の場所にも、種々の害虫が発生するが、作物自体が健全であ ればそれを死滅させる力があるが、前記の如く肥料のため脆弱となってい る以上、害虫に負けてしまうのである。また風水害に遭っても自然の方は 強靭で、倒伏も少なく、倒れても直ぐに起き上がるが、有肥の方は倒れたま まで、大きな被害を蒙るので、この理由として根を見ればよく分る。自然 の方は根毛が有肥のよりもずっと多くて長いから、根張りが強いためであ る。また稲でも野菜でも葉の短かいのが特徴であって、これはあらゆる作 物について農民も知らるる通り、丈が低く葉伸びの少ないほど、実が多く 生るとしている。これに反し有肥の方は丈も長く、葉も大きいから、見た 目は立派だが実りは案外悪いものである。

   次に蚕であるが、これも自然の桑で育てると非常に健康で、できた糸質 も強靭で光沢がよく、極めて優良で勿論増産になる。それは病蚕発生がな いからでもある。

   以上の如くあらゆる耕作物は、有肥栽培に比して自然栽培の方が、比較 にならないほど有利である。それについて知らねばならない事は、第一土 なるものの性能である。抑々土とは造物主が人畜を養うために作物を生産 すべく造られたものである以上、土そのものの本質は、肥料分があり余る ほどで、言わば肥料の塊といってもいいくらいのものである。それを今日 まで全然知らず、肥料は作物の食物のように誤ってしまい、色々な人為肥 料を施した結果が、意外にも土本来の力を弱らせてしまったのである。よ く日本の土質は酸性だと言われるが、全くそのためである。としたら何と 驚くべき錯誤ではなかろうか。この意味において作物を増産せんとするに は、土自体の力をできるだけ強化させる事である。ではどうすればいいか と言うと、それは土に対し堆肥以外些かの不純物も混えず、できるだけ清 浄にする事で、それだけで素晴しい成績を挙げられるのであるから、今ま での頭脳ではとうてい信ずる事はできないのである。

   右の理によって、自然栽培の根本理念は飽くまで自然尊重であって、そ れは自然がよく教えている。およそ世界にある森羅万象あらゆるものの生 成化育を見れば分る如く、大自然の力、即ち太陽、月球、地球というよう に火、水、土の三元素によらぬものは一つもない。勿論作物と雖もそうで あるから、日当たりをよくし、水分を豊富にし、土をより清くする事によ って、作物は人間の必要以上余るほど生産されるものである。見よ地上に は枯草も落葉も豊富にでき、年々秋になればそれが地上を埋め尽すではな いか。これこそ全く土を豊穣にするためのものであって、それを肥料にせ よと教えている。そうして耕作者は堆肥に肥料分があるように思うが、決 してそうではない。本来の堆肥の効果は、土を乾かさないためと、温める ためと、固めないためである。つまり水分を吸収し、熱を吸収し、土が固 まらないようにするにある。この理によって稲に与える肥料は、藁をでき るだけ細かく切り、土へよく?り混ぜればいいので、それが自然である。 藁は稲の産物であるからで、これは根を温める効果がある。また野菜の方 に枯草や落葉がいいのは、畠の近くには必ず林があり、落葉、枯草がある にみてそれを使えという意味である。そうして地球の中心は巨大な火の塊 であって、不断にこれから地熱即ち地霊を放射している。これが窒素であ って、この窒素こそ神が与えた肥料で、地表を透過し地上ある程度の高さ に達して滞留し、それが雨によって地上へ降下し地面に浸潤する。これが 自然の窒素肥料で天から降ったものであり、勿論量においても過不足なく ちょうどいいくらいなのである。ではなぜ窒素肥料を使い始めたかという と、これには理由がある。かの第一次大戦の折、ドイツにおいては食糧不 足のため、急激に増産せねばならず、そこで空中から窒素を採る事を発見 し、使用したところ大いに増産されたので、それ以来世界的に普及された のであるが、右は一時的効果であって、決して長く続くものではない。何 れは窒素過剰に陥り、土が弱って減産する事になるが、その理がまだ分ら ないのである。つまり麻薬中毒と同様であると思えばいい。

   ここで注意すべき事がある。それは自然栽培に切り替えても、その水田 の土と種子に残っている肥毒の多少が大いに影響する。従ってもし余りに 成績が悪い場合は人為肥料が多量に残っているためであるから、一時客土 によって緩和すればよい。

   今一つ重要なる一事がある。それは硫安の如き化学肥料は、稲が吸収す る以上、その劇毒がたとえ微量であっても、人間は一日三度ずつ腹の中へ 入れるのだから、不知不識のうちに人体に害を及ぼすのは当然である。近 代人の罹病率が多くなったのも、そうした原因もないとは言えないであろ う。

昭和28年(1953年)5月5日
「革命的増産の自然農法解説」     『岡田茂吉全集』著述篇第十一巻 p.95
『聖教書』 p.445


戻る