×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

安心立命


   よく安心立命という言葉があるが、これは精神的の面に限るように世人 は思っているようだが、この考え方は大きな間違いであって、真の安心立 命とは物質も伴わなくてはならないのは勿論である。考えてもみるがいい、 病気、貧乏、争いの三つの災厄のうちの、例え一つでもあるとしたら、何 処に安心があるであろうかという事である。俺は一生涯病気の心配はない、 貧乏になりっこはない、争いを起こすような事もないという自信がもててこ そ、真の安心立命は得らるるのである。ところがそのような三拍子揃うな ど、今の世の中ではとうてい夢でしかあるまい。そんな人は恐らく世界中 ただの一人もないといってよかろう。

   まず世間をみればよく分る如く、何事も思うようにならない、嫌な事は 次々降ってくる、良いことなどは滅多にこない、全くこの世の中は地獄そ のままだ。第一健康にしてもそうだ。いつ何時病気に罹るか分らない、ち ょっとした風邪を引いても、簡単に治ることもあれば治らないこともある し、こじらしたり大病の前兆になることさえあるのだから、風邪ぐらいな どといって安心してはおられない。また医学でいっている通り黴菌はそこ ら中うようよしているから、いつ何時伝染病や結核菌が飛び込むか分らない。 それがため当局でも医学衛生をやかましく言い、清潔にせよ、暴飲暴食を するな、外出から帰ったら嗽をしろ、食事の前は手を洗え、食物に注意せ よなど、何だかんだとうるさいほど注意を与えている。それら悉くを信ず るとしたら現代社会生活は全く恐怖の渦の中にいるようなものである。

   勿論貧乏も争いもその殆どは金銭問題が主となっており、その原因がま た病気であるから、どうしても無病息災、真の健康人にならなければ、絶 対安心はできないのは言うまでもない。しかし世人はそんなことはとうて いできない相談でしかないと思うであろうが、それが立派にできるとした ら、大変な福音であろう。ところが必ずできるのだから大したものである。 そのために現われたのが我が神慈秀明会であり、神慈秀明会をおいては世 の中に決してないことを断言するのである。

昭和27年(1952年)12月10日
「栄光」186号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.716
『聖教書』 p.58


戻る