×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

芸術の使命


   およそ世にありとしあらゆるものは、それぞれ人間社会に有用な役目を もっているのである。所謂天の使命である。

   勿論芸術と雖もその埒外ではない。とすれば、芸術家と雖も社会構成の 一員である以上、その使命を自覚し、完全に遂行する事こそ真の芸術であ り、芸術家の本分でもある。

   ところが、今日一般芸術家をみる時、そのあまりに出鱈目な行動に呆れ 返らざるを得ないのである。勿論中には立派な芸術家もないではないが、 大部分は自己の本分を忘れているというよりか、全然弁えていないといっ た方が当たっていよう。然も彼らは自分は特別の人間であるかのように思 い、自己の意志通りに振る舞う事が個性の発揮であり、天才の発露である という考えの下に、気儘勝手な行動をし、恬として恥じないのであるから 始末がわるい。また社会も芸術家は特殊人として優遇し、たいていな事は 許容している。というわけで、彼らはますます増上慢に陥るのである。

   ところが芸術家たるものは、一般人よりも最も高い品性を持さなければ ならない事である。それを宗教を通じて解説してみよう。

   抑々、人類の原始時代は獣性が多分にあった事は事実で、野蛮時代から あらゆる段階を経て、一歩々々理想文化を建設しつつある事は、何人も疑 うものはあるまい。この意昧において文化の進歩とは、人間から獣性を除 去する事である。故にその程度に達してこそ真の文明世界である。しかし ながら今もって人類の大部分は、戦争の脅威に晒されているので、それは 獣性がまだ多分に残っているからである。故にこの獣性を抜くべき重大役 目の中の一役を担っているのが芸術家である。

   とすれば、芸術を通して人間の獣性を抜き、品性を高める事である。勿 論文学を通じ、絵画を通じ、音楽、演劇、映画等の手段を通じて、その目 的を遂行するのである。それは芸術家の魂が右の手段を介在し、大衆の魂 に呼びかけるのである。分り易くいえば芸術家の魂から発する霊能が、文 学を、絵画を、楽器を、声を、踊りを通じ、大衆の魂の琴線にふれるので ある。つまり、芸術家の魂と、大衆の魂との固い連繋である。故に、芸術 家の品性が、下劣であれば、そのまま大衆も下劣する。芸能家の品性が高 ければ、大衆の情操も高められるのは当然である。

   ここに芸術の尊さがある。言い変えれば、芸術家こそ、魂をもってする 大衆の指導者であらねばならないのである。

   この意味において、今日の如き社会悪の増加も、その一半の責任は芸術 家にあるといっても過言ではあるまい。

   見よ、低俗極まるエロ、グロ文学や、妖怪極まる絵画や、低劣なる芸術 家が発する声も、奏する音楽も、劇、映画等も、心を潜めてよくみれば、 右の説の誤りでない事を覚るであろう。

昭和24年(1949年)10月15日
「光」31号     『岡田茂吉全集』著述篇第七巻 p.447
『聖教書』 p.75


戻る