×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

真理の具現


   抑々、宗教の真の目的は何であるかと言えば、言うまでもなく真理の具 現である。然らば真理とは何ぞやという事であるが、真理とは勿論白然そ のままの姿を言うのであって、これは何人も否定し得ないところである。 東から太陽が出て西に沈むという事も、人間は生まれれば必ず死ぬという 事、これは仏説の所謂生者必滅、会者定離という事であり、人間は空気を 呼吸し食物を食う事によって生を営んでいるという事も、勿論真理である。 こんな分り切った事を言わなければならないほど人類社会の現状は出鱈目 になっているからである。

   右の理によって、現在社会万般にわたる混乱、闘争、無秩序、罪悪等の 忌わしき事象を見れば、人類が幸福になるよりも、不幸になる事の条件の 方が多分にある事は否み得まい。とすれば、その原因が那辺にありやを考 えてみなくてはならない。私の見るところでは一切の根本が真理に遠ざか っているからであって、それがあまりにも明らかである。ただ真理に遠ざ かっていながらそれに気が付かないだけである。しかしながらそれは何が ためであろうかをここに検討してみるが、実は現代人は真理そのものさえ も分らなくなっている。その第一は生活問題の窮迫に頭脳は真理を考える 余裕などなくなっているからでもあろう。もっとも肝心な宗教でさえ今日 まで真理そのものがはっきりしなかった。説こうとしても、ともすれば非 真理に陥ってしまう事が多かったのである。もし真理を真に説き得たとし たら、人類社会は現在の如き深刻な苦悩の様相は呈しなかったであろう。 寧ろ天国的楽土がある程度実現していたかも知れないと思う。然るに天の 時来たってここに神の大愛の発現となり、私を通して真理を説くのみか、 如実に真理の具現を遂行さるる事になったのである。故に私が説くところ の諸々の言説は、真理そのものを万人に最も分り易く宣示する以上、読む 人は何ものにも捉わるる事なく虚心担懐熟読玩味すれば、髣髴として真理 は頭脳に浮かぶであろう。故に私はここに真理を最も簡単に説諭してみよ う。

   最も手近なところから説いてみるが、人間が病気をするという事は、真 理に外れた点があるからであり、それを治し得ないのはこれまた真理に外 れているからである。政治が悪い、思想が悪いという事も、犯罪が増える、 金詰り、インフレ、デフレで苦しむという事も、真理に外れているからで ある。もし真理に外れていないとすれば、正しい事は人間の希望通りにゆ くはずで、そのように人間社会を神が造られているのである。その結果理 想的善美な社会が生まれ、人間は歓喜幸福の生活者となり得るのである。 これ即ち私が唱える地上天国の実相である。

   このようなわけであるから、私の言説には随分違った点があると思うで あろうが、実は些かも違ってはいない。至極当たりまえの事である。異っ たと思うのは、非真理の目で見るからである。私の説が異説と思えば思う ほど社会の現実が異説的なためである。故に私の説を異説と思えず宵定す る人こそ、真理を体得した人と言えよう。

   神は人間に対し無限の自由を与えている。これが真理である。人間以外 の動植物には自由は与えられていない。ここに人間の尊さがある。然らば 人間の白由とは何であるかというと、人間向上すれば神となり、堕落すれ ば獣となるという両極端のその中間の位置に存在しているのが人間である。 この理を推進する時こういう事になる。それは人間のやり方次第でこの世 はいとも楽しい天国世界ともなり、その反対であればいとも惨惰たる地獄 世界となる。これが真理である。とすれば人間は右の何れを選ぶべきか、 考えるまでもなく先天性の悪魔でない限り、前者を欲するのは当然であろ う。

   右の如くでありとすれば、前者の天国世界の実現こそ人類究極の目的で あり、その目的達成のためにこそ真理の具現あるのみである。そうしてそ れが宗教本来の使命である以上、私は常に筆に口に真理を教え、なおかつ 真理の実行者として日もこれ足らず努力活動しつつあるのである。

昭和24年(1949年)7月16日
「光」18号     『岡田茂吉全集』著述篇第七巻 p.269
昭和25年(1950年)1月30日
「自観叢書第十二篇 自観説話集」     『岡田茂吉全集』著述篇第八巻 p.19
『聖教書』 p.78


戻る