×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

正しき信仰


   中国の碩学朱子の言に「疑は信の初めなり」という事があるが、これは 全く至言である。私は「信仰はできるだけ疑え」と常に言うのである。世 間種々の信仰があるが、たいていはいんちき性の多分にあるものか、そう でないまでも、下の位の神仏や、狐、狸、天狗、龍神等を的にしたものが 多く、正しい神を的とする信仰はまことに少ないのである。従って厳密に 検討を加える時、たいていの宗教は何らかの欠点を包含しているものであ るから、入信の場合何よりもまず大いに疑ってみる事である。決して先入 観念に捉われてはならない。どれほど疑って疑り抜いても欠点を見出せな い信仰であれば、それこそ信ずる外はないであろう。然るに世の中には最 初から「信ずればご利益がある」と言う宗教があるが、これは大いに誤って いる。何となれば些かのご利益も認めないうちから信ずるということは、 己れを偽らなければならない。故に最初はただ触れてみる、研究してみると いう程度で、注意深く観察し、できるだけ疑うのである。そうして教義も 信仰理論も合理的で非の打ち所がないばかりか、神仏のご加護は歴然として 日々奇跡があるほどのものであれば、まず立派な宗教として入信すべき価 値がある。またこういう宗教もある。それは、信者が他の宗教に触れる事 を極端に嫌うのであるが、これらも誤っている。何となればそれはその宗 教に欠点があるか、または力が薄弱である事を物語っている。最高の宗教 であればそれ以上のものは他に無いはずであるから、他の宗教に触れる事 を恐れるどころか却って喜ぶべきで、その結果自己の信ずる宗教の優越性 を認識し、却って信仰は強まる事になるからである。

   しかしこういう事も注意しなくてはならない。それは、相当のご利益や 奇跡の顕われる場合である。正しい神仏でも、人間と同様上中下あり、力 の差別がある。二流以下の神仏でも相当の力を発揮し給うからご利益や奇 跡もある程度顕われるので、たいていの人は有難い神仏と思い込んでしま う。ところが長い間には二流以下の神仏では往々邪神に負ける事があるか ら、種々の禍となって現われ苦境に陥る場合があるが、一度信じた以上何 らかの理屈をつけ、神仏の力の不足など発見できないばかりか、却って神 仏のお試しまたは罪穢の払拭と解するのである。

   信仰者にして病気災難等の禍があり一時は苦しむが、それが済んだ後は その禍以前よりも良い状態になるのが、上位の神仏の証拠である。即ち病 気災難が済んだ後は、罪穢がそれだけ軽減する結果霊的に向上したからで ある。それに引き替え、禍が非常に深刻であったり、長期間であったり、絶 望状態に陥ったりするのは、その神仏の力が不足のため邪神に敗北したか らである。

   世間よく、あらゆる犠牲を払い熱烈なる信仰を捧げて祈願するに拘らず思 うようなご利益のないのは、その人の願事が神仏の力に余るからで、神仏の 方でご利益を与えたくも与えられ得ないというわけである。このような場合、 これほど一生懸命にお願いしてもお聞き届けがないのは、自分はもはや神仏 に見放されたのではないかと悲観し、この世に神も仏もあるものかと思い信 仰を捨てたり、自暴自棄に陥ったりして、ますます悲運に陥るという例は よく見るところである。こういう信仰に限って、断食をしたり、お百度ま いりをしたり、茶断ち塩断ち等をするが、これは甚だ間違っている。個人 的にどんな難行苦行を行なったとしても、それが社会人類に些かの裨益す るところがなければ徒労に過ぎないわけで、こういう方法を喜ぶ神仏があ るとすれば、勿論二流以下の神仏かまたは狐狸天狗の類である。故に正し い神仏であれば、人間が社会人類の福祉を増進すべき事に努力し、その効 果をあげ得た場合、その功績に対する褒賞としてご利益を下し給うのであ る。ついでに注意するが、昔からよく「鰯の頭も信心から」という事があ るが、これは大変な間違いであって、ずべて信仰の的は最高級の神仏でな ければならない。何となれば、高級の神仏ほど正しい目的の祈願でなくて はご利益を与えて下さらないと共に、人間が仰ぎ拝む事によって清浄なる 霊光を受けるから、漸次罪穢は払拭されるのである。鰯の頭や低級なる的 に向かって如何に仰ぎ拝むとも、低級霊から受けるものは邪気に過ぎないか ら心は汚れ、自然不善を行なう人間になり易いのである。それらを知らな い世間一般の人は、神仏でさえあれば皆一様に有難いもの、願事は叶えて 下さるものと思うが、それも無理はない。もっとも昔から神仏の高下正邪 等見分け得るような教育は何人も受けていないからである。そうして狐、狸、 天狗、龍神等にも階級があり、力の強弱もあり、正邪もあるが、頭目にな ると驚くべき力を発揮し、大きなご利益をくれる事もあるから、信者も熱 心な信仰を続けるが、多くは一時的ご利益で、遂にはご利益と禍とが交互 にくるというような事になり、永遠の栄は得られないのである。以上説く ところによって、信仰の場合一時的ご利益に眩惑する事なく、その識別に 誤りなきよう苦言を呈するのである。

昭和23年(1948年)9月5日
「信仰雑話」     『岡田茂吉全集』著述篇第六巻 p.9
『聖教書』 p.85


戻る