×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

常識


   抑々、真の信仰とは言語行動が常識に外れない事を主眼としなければな らない。世間よくある神懸り式や、奇怪な言説、奇矯なる行動等を標榜す る信仰はまず警戒を要すべきである。ところが多くの人はそういう信仰を 却って有難く思う傾向があるが、これらは霊的知識のないためで無理もな いが、心すべきである。また自己の団体以外の人々と親しめないというよ うな独善的信仰も不可である。真の信仰とは世界人類を救うのが宗教の使 命と信じ、自己の集団のみにこだわらず、排他的行動をとらないようにす るのが本当である。ちょうど一国の利益のみを考え他国の利益を無視する 結果、惨憺たる敗戦の苦杯を嘗める事になった終戦前の日本を鑑みれば分 るであろう。

   私は信仰の究極の目的は、完全なる人間を作る事であるとも思う。勿論 世の中に完全という事は望み得べくもないが、少なくとも完全に一歩々々 近づかんとする修養−−これが正しい信仰的態度である。故に信仰に徹す れば徹するほど、平々凡々たる普通人の如くに見えなくてはならない。そ うなるのは信仰を咀嚼し、消化してしまったからである。その人の言動が 如何にも常識的であり、万人に好感を与え、何を信仰しているか分らない くらいにならなければ本当ではない。人に接するや軟らかき春風に吹かれ る如くで、謙虚に富み親切であり、他人の幸福と社会福祉の増進を希うよ うでなくてはならない。私は常に言う事であるが、まず自己が幸福者たら んとするには他人を幸福にする事で、それによって与えらるる神の賜物が 真の幸福である。然るに自己のみの幸福を欲し他人を犠牲にするというが 如きは、全く逆効果以外の何ものでもない事を知るべきである。

昭和23年(1948年)9月5日
「信仰雑話」     『岡田茂吉全集』著述篇第六巻 p.13
『天国の礎』宗教編下巻     『聖教書』 p.90


戻る