×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

悪に対する憤激


   つくづく現在の世の中を見ると、どうも今の人間は、悪に対する憤激が 余りに足りないようだ。例えば悪人に善人が苦しめられている話など聞い ても興奮する人は割合少ない。察するに、悪に対しいくら憤激したところ で仕方がない。然も別段自分の利害に関係がないとしたら、そんな余計な 事に心を痛めるより、自分の損得に関係のある事だけ心配すれば沢山だ。 それでなくてさえ、この世智辛い世の中は心配事や苦しみが多過ぎる。だ から見て見ぬ振りをする。それが利口者と思うらしい。然も世間はこうい う人を見ると、世故に長けた苦労人として尊敬するくらいだから、それを みて見習う人も多いわけである。

   また政治が悪い。政治家や役人が腐敗している。社会の頭だった人が贈 収賄、涜職事件等でよく新聞などに出ており、特に近来非常に犯罪が増え、 青少年の不良化等も日本の前途を思えば、このままでは済まされないし、 役人の封建性も依然たる有様だし、民主主義の履き違えで、親子、兄弟、 師弟の関係なども誠に冷たくなったようだ。税の可斂請求も酷過ぎるし、 民主主義も名は立派だが、実は官主主義に抑えつけられで、人民は苦しむ ばかりだ。その他何々等々、数え上げれば限りのないほど、種々雑多な厭 な問題がある。これら悉くは勿論、社会的正義感の欠乏が原因であるに違 いないが、何といっても前述の如く所謂利口者が多過ぎるためであろう。 しかしよく考えてみればそういう社会になるのも無理はない。いつの時代 でもそうであるが、殊に青年層は正義感が旺盛なもので、悪に対する憤激 も相当あるにはあるが、まず学校を出て一度社会人となるや、実際生活に 打つかってみると、意外な事が余りに多く、だんだん経験を積むに従って 考え方が変わってくる。なまじ不正に興奮したり、正義感など振り回した りすると、思わぬ誤解を受けたり、人から敬遠されたり、上役からは煙た がられたりするので、出世の妨げともなり易いというわけで、いつしか正 義感などは心の片隅に押し込めてしまい、実利本位で進むようになる。こ うなるとともかく一通りの処世術を会得した人間という事になる。

   これらも勿論悪いとはいえないが、こういう人間が余り増えると、社会 機構は緩みがちとなり、頽廃気分が瀰漫し、堕落者、犯罪者が増える結果 となる。現在の社会状態がそれをよく物語っているではないか。そうして 私の長い間の経験によるも、まず人間の価値を決まる場合、悪に対する憤 激の多寡によるのが一番間違いないようである。何となれば、悪に対する 憤激の多い人ほど骨があり、しっかりしているわけだが、しかし単なる憤 激だけでは困る。ややもすれば危険を伴いがちだからである。事実青年な どがとかく血気にはやり、人に迷惑を掛けたり、社会の安寧を脅す事など ないとは言えないからで、それにはどうしても叡智が必要となってくる。 つまり憤激は心の奥深く潜めておき、充分考慮し、無分別なやり方は避け ると共に、人のため、社会のため、正なり、善なりと思う事を正々堂々と 行なうべきである。これについて私の事を少し書いてみるが、私は若い頃 から正義感が強く、世の中の不正を憎む事人並以上で、不正を見たり聞い たりすると憤激止み難いので、その心を抑えつけるに随分骨を折ったもの である。しかしこの我慢はなかなか苦しいが、これも修業と思えばさほど でなく、また魂が磨かれるのも勿論である。この点今日と雖も変わらない が、これも神様の試練と思って忍耐するのである。このようなわけで、理 想としては不正に対し憤激が起こるくらいの人間でなくては役には立たな いが、ただそれを現わす手段方法が考慮を要するのである。即ち些かでも 常軌を失したり、人に迷惑を掛けたりする事のないように、くれぐれも注 意すべきで、どこまでも常識的で愛と親和に欠けないよう、神の心を心と して進むべきである。

昭和26年(1951年)2月25日
「地上天国」21号     『岡田茂吉全集』著述篇第九巻 p.216
『聖教書』 p.101


戻る