×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

五智を説く


   単に智慧といっても種々ある。今それを分類してみよう。まず最初は神 智、次が妙智、叡智、才智、奸智の順序で、大別して五段階になる。私は 名付けて五智という。これを一つずつ説いてみよう。

   神智とは最高の智慧で、これは普通人には得られない。特別の人間が神 授の智慧で、それはその人が重大使命を神から委任されたからである。昔 から「学んで知るを人智と言い、学ばずして知るを神智」と言うが、一言 にしてよく表わしている。

   妙智というのは、観音妙智力などといい、前述の神智に対し仏智ともい うべきもので、神智は男性的とすれば妙智は女性的ともいえるので、妙の 字が女偏であるのも面白いと思う。

   叡智とは、賢明な人間が現わす智慧で、仏教で智慧正覚とか単に智慧と いうのはこれを指すのである。しかし今の世の中はこの叡智さえも働かな い人がまことに多いのである。それはいうまでもなく邪念のために心が曇 り、ものの正しい判断がつき難いからである。この例を一つ書いてみよう。 今日政治家は勿論の事、あらゆる有識者と雖も、ある問題に対し会議をす る場合、小さい問題でも多数の人間が何時間もかかって頭をひねらなけれ ば結論が見出せない。少し大きな問題になると十数人あるいは数十人が額 と集め侃々諤々の議論を闘わし、何回も何日も会合してもなかなか結論を得 られないというのであるから、如何に頭脳の働きが悪いかという事である。

   考えてもみるがいい。如何なる問題と雖も結論はたった一つである。決 して幾つもありようはずがない事は誰しも知っていながら、それがおおぜ いの頭脳と幾日もの日時がかかるというのであるから、実に情ないの一言 に尽きると我らは常に思っている。これというのも全く叡智が足りないか らで、叡智の足りないという事は頭脳が曇っているからで、頭脳が曇って いるという事は邪念があるからで、邪念があるという事は唯物主義を信奉 するからで、唯物主義を信奉するという事は神の実在を信じないからで、 神の実在を信じないという事は神を信じさせ得る宗教がないからである。 とすれば神の実在を如実に信ぜしむる宗教こそ、本当に役立つ生きている 宗教といってよかろう。かようにくどくどしく言わなければならない事ほ どさように現代人は叡智が欠けているというわけである。

   この意味において叡智ある人は、如何なる問題に打つかっても、数分間 乃至数十分間に結論を発見し得るのである。これについて私は部下に対し、 如何なる問題に当たっても結論も見出すまでの論議はまず三十分ぐらいを 限度とし、長くとも一時間以上になる場合は、その会合を一時中止すべきで あって、他日を期して再会議するか、または直接私に相談せよというのである。

   私の事を言うのは心苦しいが、私はどんな難問題に対しても数分間で結 論を見出すのである。たまには急速に結論を見出し得ない場合もあるが、 そういう時は強いて見出そうとしないで一時それを延ばすのである。そう すると、日ならずしてインスピレーション的に必ず結論が頭に閃くのであ る。

   次に才智であるが、これは誰も知っている通りで表面だけの浅智慧であ るから、一時的良くても時が経つと必ず失敗したり信用を落としたりする。 言い換えれば愚智または鈍智とも言えるのである。

   奸智は、これも読んで字の如く邪悪の智慧で、いわば悪人の用いる智慧 で悪智慧ともいう。これも世間にはなかなか多く、然も知識階級、指導者 階級にも相当多いのだから社会が良くなりようわけがない。故にこういう 悪智慧が抹殺される日本になってこそ、明朗な社会が出現するのである。 然らばこの奸智を抹殺する方法はありやというに、それはわけはない。悪 智慧の発生地を全滅させる事である。その方法こそ神の実在を信じさせる 力ある宗教の活動によるほかはない。

昭和24年(1949年)8月20日
「光」23号     『岡田茂吉全集』著述篇第七巻 p.329
昭和25年(1950年)1月30日
「自観叢書第十二篇 自観説話集」     『岡田茂吉全集』著述篇第八巻 p.12
『聖教書』 p.109


註:この論文は、「光」23号のものです。

戻る