×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

観音信仰


   人間生活において何事もそうであるが、特に観音信仰においては円転滑 脱自由無碍でなくてはいけない。円転とは丸い玉が転がるという意味であ るから、角があっては玉は転がらない。世間よくあの人は苦労人だから角 が取れてると言うが、全くその通りである。ところが世の中には角どころ ではない、金平糖のような人間がいる。こういうのは転がるどころか、角 が突っかかってどうにもならない。そうかと思うと自分で型を作ってその 中へはいり込み苦しむ人もある。それも自分だけならまだいいが、他人ま でもその型の中へ押し込んで苦しませるのをいいと思う人があるが、これ らは小乗的信仰によくある型で、所謂封建的でもある。こういうやり方は 信仰の上ばかりではない。社会生活においてもかび臭くて、鼻もちがなら ない。

   そうして自由無碍という事は型や枠を作らない、戒律もない、天空海闊 の自由で、無碍もそういう意味である。ただ自由といっても我儘主義では ない。人の自由も尊重する事は勿論である。

   観音信仰は大乗信仰であるから、戒律信仰とはよほど違う点がある。し かし戒律信仰は、戒律が厳しいからなかなか守れない。止むなくつい上っ 面だけ守って陰では息つきをやるという事になる。つまり裏表ができるわ けでそこに破綻を生ずる。と共に虚偽が生まれるから悪になる。この理に よって小乗信仰の人は表面が善で、内面は悪になるのである。それに引き 替え大乗信仰は人間の自由を尊重するからいつも気持が楽で、明朗で、裏 表などの必要がない。従って、虚偽も生まれないというわけで、これが本 当の観音信仰であり、有難いところである。

   また小乗信仰の人は不知不識虚偽に陥るから衒いたがる、偉くみせたが る。これが臭気粉々たる味噌になって甚だ醜いのである。そればかりか却 って逆効果となり、偉く見えなくなるものである。小人というのはこうい う型の人である。

   またこういう事がある。私は普請をする時にはいつも職方と意見が違う。 どういうわけかというと、職方はただ立派に見せようとするので、それが 一種の嫌みになるから私は直させる。人間も右と同様で偉く見せないよう にする人はすべてが謙遜となり、奥床しく見えるから、そういう人は心か ら尊敬されるようになる。故に観音信仰は心から尊敬される人にならなけ ればならないのである。

昭和24年(1949年)4月20日
「地上天国」3号     『岡田茂吉全集』著述篇第七巻 p.80
『聖教書』 p.119


戻る