×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

幽霊はあるか


   昔から幽霊の有る無しについては、諸説粉々として今もって決定しない が、私は有りと断定する。何となれば実際有るからである。有るものを無 いをは何人と雖も言えないであろう。かの釈尊の説いた地獄、極楽説も、 ダンテの神曲における天国、地獄、煉獄も決して荒唐無稽な仮説ではない 事を私は信ずるのである。そうして霊界とは如何なる所であるか、これを 一言にして言えば、意志想念の世界である。それは肉体なる物的障碍がな いから素晴しい自由がある。霊の意志によって如何なる所へでも飛行機よ りも早く行ける。かの神道において、招霊の際「天翔り国駈りましまして、 これの宮居に鎮りましませ」という言葉があるが、千里と雖も数分否数秒 間にして到達するのである。但し霊の行動の遅速は、その階級によるので ある。高級霊即ち神格を得た霊ほど速かで、最高級の神霊に至っては一秒 の何万分の一よりも早く、一瞬にして如何なる遠距離へも達するが、最低 級の霊は千里を走るに数十分を要するのである。それは低級霊ほど汚濁が 多いから重いためである。

   また霊は霊自体の想念によって伸縮自在である。一尺巾ぐらいの仏壇の 中にも数百人の祖霊が居並ぶ事ができる。そういう場合、順序、段階、服 装等は頗る厳格で、何れも相応の秩序が保たれている。勿論人間が心から の祭典は霊は非常に喜ばれるが、形式だけのものは余り喜ばれない。その 場合仏教では戒名、神道においては、み鏡、石、文字、神籬等に憑依する。 故に、祭典の場合は身分に応じ、できるだけ誠を込め、立派に執行すべき である。

   昔から偶幽霊を見る人があるが、これら多くは死後短時日を経た霊であ る。新しい死霊は霊細胞が濃度であるから人の目に映ずるのである。かの キリストが復活昇天した姿を拝したものは相当あったという事は不思議で はなく、有り得べきはずである。ただキリストは天に向かって上昇したと いう事は高級霊であるからである。そうして死霊は年月を経るに従い浄化 され希薄になるので、目に映じ難くなる。また幽霊は針のような穴からで も出入自在である。それは肉体なる邪魔物がないからで、かような点だけ でみる時、自由主義者の理想郷のように思われるが、そうはゆかない。と いうのは霊界は厳然たる法則があって、自由が制限されるからである。ま た霊の面貌について一言述べるが、幽霊は絵にある如く死の刹那の形相で あるが、これは時日を経ないからで、時日を経るに従って徐ろに変化する のである。それは想念の通りになる。例えば消極的、悲観的、孤独的の人 は寂しく痩せ衰え孤影悄然たる姿であり、鬼畜の如き想念の持主は鬼の如 く、悪魔的の人は悪魔の形相となり、醜悪なる想念は醜悪なる面貌となり、 善美なる心の持主はその通りの容貌となるのである。現世においては肉体 という外郭によって偽装ができるが、霊界は総てが赤裸々に現われるので ある。そうして現われるまでにはだいたい一ヵ年以内とされている。ある 有名な宗教家の著書にこういう事が書いてあった。それは「人間は死後霊 が滅消してしまい、霊の存続や霊界などあるものではない。何故なれば、 もしそうでありとすれば、昔から死んだ人の数は何億に上るか分らないか ら、霊界は満員になっていなかればならない」と言うのである。

   この人などは仏教界の偉人でありながら、霊魂の伸縮自在を知らないの である。

昭和22年(1947年)2月5日
「天国の福音」     『岡田茂吉全集』著述篇第五巻 p.287
『聖教書』 p.151


戻る