×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

霊界の審判


   抑々人間は、現世において人類社会のため与えられたる天職使命を完全 に遂行すべきであるに拘らず、その殆どは事物の外郭のみを見、不知不識 のうちに悪に属する行為を重ねるため、それが罪穢となって霊体に曇りが 堆積する。従って死後霊界人となるや、その罪穢の払拭が厳密に行なわれ るのである。私は幾多の死霊から霊媒を通じてできるだけ詳細なる調査研 究を行なった。死霊の言説についても誤謬や虚偽と思う点を避け、幾人も の死霊の一致した点を総合して書くのであるから、だいたいにおいて誤り はないと信ずるのである。

   人間一度霊界にはいるや、大多数は神道で唱うる中有界、一名八衢、仏 教でいう六道の辻、キリスト教でいう精霊界に往くのである。しかし、こ こに注意すべきは、東洋の霊界はだいたい立体的で、特に日本の霊界は最 も立体的であり、西洋の霊界はだいたい平面的である。日本の社会が特に階 級的段階が多い事もそれがためであり、西洋が非階級的で平等なのもそれ がためである。そうして私が研究したのは日本の霊界であるから、そのつ もりで読まれたいのである。

   右の八衢とは霊界における中間帯である。それは本来霊界の構成はだい たい九段階になっており、天国は三段階、八衢が三段階、地獄が三段階であ る。死後普通人は八衢人となるが極善のものは直ちに天国へ昇り、極悪のも のは直ちに地獄に落ちるのである。それは死の状態によってだいたいの見当 がつく。即ち天国や極楽へ往く霊はおよその死期を知り、死に際会して些か の苦痛もなく、近親者を招き一人々々遺言をなし平静常の如き状態で大往生 を遂げるのである。それに引き替え地獄往きの霊は死に直面するや、非常な 苦悩に喘ぐ、所謂断末魔の苦しみである。また八衢往きの霊は普通の死の苦 しみ程度である。従って大部分は八衢往きで、死体の面貌を見てもだいた い分るのである。即ち天国往きの霊は些かの苦痛の色なく鮮花色を呈し、生 けるが如くである。地獄往きの霊は顔面暗黒色または暗青色を呈し、苦悶 の形相を現わしている。八衢往きの霊は一般死人の面貌でだいたい黄色で ある。

   まず八衢往きの霊から説明するが、死後八衢へ往くや三途の川を渡るの である。その際奪衣婆なる役人が着衣を調べる。白装束ならよいが、普通 の着衣は白衣と替えさせる。その際橋を渡るという説と、橋がなく水面を 渡るという説がある。但し後者は川に水がなく龍体が無数に川中にうねっ ていて、それが水の如く見えるというのである。そうして橋を渡り終わるや 白衣は種々の色に染まる。即ち罪穢の最も多いものは黒色で、次が青色、 紅色、黄色という順序で、罪穢の最も少いものは白色という事になってい る。これらの色によって、罪穢の多少が表示さるるわけである。それから 仏説にある閻魔の庁即ち審判廷に行きそこで審判を受けるが、そこは娑婆 と異なり厳正公平で些かの依怙もなく誤審もない。その際閻魔大王のお顔 は見る人によって異なるそうで、悪人が見ると御目は爛々として口は耳元 まで裂け、舌端火を吐き、一見慄然とするそうである。然るに善人が拝す る時、お顔は優しく柔和にして威厳備わり、親しみと尊敬の念が自ら湧く という事である。勿論一人々々浄玻璃の鏡に照らし、その罪を判定する。 また閻魔の帳面の記録によってだいたいの下調べを行なうのである。現世 における裁判官は霊界では冥官であり、その監督は神道における祓戸の神 が行なうといわれている。審判によって判決を与えられ、それぞれの天国 または地獄へ往くのである。故に六道の辻とは、その名の如く、極楽往き も地獄往きも上中下の三段二道で、その辻になっているからである。そう して地獄往きと決まった霊は一時八衢において修業をさせ霊の向上を計る が、それによって改過遷善の者は地獄往きとならず極楽往きに振り替えら れるのである。その際の教導者は、現界におけると同様、各宗教の教誨師 が死後そういう役を命ぜられるのである。八衢においての修業年限はだい たい三十年となっており、それまでに改心できないものは全くの地獄へ落 ちるのである。また霊体の罪穢に対し、その遺族が誠心誠意懇ろなる法要 を営むとか、人を助け慈悲を施し善徳を積む事によって、それだけ霊の浄 化は促進さるるのである。この理によって親に孝を尽くし、夫に貞節を捧 げる等は、現世よりも寧ろ死後における方がより大きな意味となるので、 慰霊祭などは霊は非常に喜ぶのである。

昭和22年(1947年)2月5日
「天国の福音」     『岡田茂吉全集』著述篇第五巻 p.289
『聖教書』 p.155


戻る