×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

霊界の構成


   前項に述べた如く霊界は天国、八衢、地獄の九段階になっており、その 段階の差別は何によるかというと光と熱である。即ち最上段階は光と熱が 最も強く、最低段階の地獄は、暗黒と無熱の世界であり、八衢はその中間 で現界に相当する。現界においても幸福者と不幸者があるのは、天国と地 獄に相応するのである。最高天国即ち第一天国においては光と熱が強烈で、 そこに住する天人は殆ど裸体同様である。仏像にある如来や菩薩が半裸 体であるにみて想像し得らるるであろう。第二天国、第三天国と降るに従 って、漸次光と熱が薄れるが、仮に地獄の霊を天国へ上げると雖も、光明 に眩惑され熱の苦痛に堪え得られずして元の地獄に戻るのである。ちょう ど現界において、下賎の者を高位に昇らすと雖も却って苦痛であるのと同 様である。

   天国における一段階に一主宰神あり、そうして霊界においてもそれぞれ の団体がある。神道十三派、仏教五十六派等であり、また何れもその分派 が数多くあって、各々の団体には、主宰神、主宰仏及び宗祖、教祖がある。 例えば、大社教は大国主尊、御獄教は国常立尊、天理教は十柱の神等であ り、仏界においても真宗は阿弥陀如来、禅宗は達磨大師、天台は観世音菩 薩等々で、また各宗の祖である弘法、親鸞、日蓮、伝教、法然等は各団体 の指導者格である。この意味において生前なんらかの信仰者は、死後霊界 にはいるや所属の団体に加盟するをもって、無信仰者よりも幾層倍幸福で あるかしれない。それに引き替え、無信仰者は所属すべき団体がないから、 現界における浮浪人の如く大いに困惑するのである。昔から中有に迷うと いう言葉があるが、これらの霊が中有界で迷うという意味である。

   天国や極楽は如何なる所であるか、否いったい天国や極楽などという世 界は事実存在するものであるか、たいていの人は古代人の頭脳から生まれ た幻影に過ぎないと思うであろう。然るに私は、天国も極楽も浄土も厳存 している事を信ずるのである。それについてこういう話がある。昔某高僧 と某学者と、「死後地獄極楽ありや」という論争の結果、高僧は有りと言 い、学者は無いと言う。遂に高僧は、「真偽を確かめるには死ぬより外ない」 と言い、学者に対し両者死をもって解決しようと言ったので、学者は兜を 脱いだという話がある。これは笑い事ではない。高僧の言う方が真実であ る。然るに生きながら霊界を探求でき得るとしたら、これほど幸せはある まい。まず私の体験によって知り得た種々の例証を書いてみよう。

   某会社重役夫人(三十歳)から重病のため招かれたことがあった。勿論 医師から見放され、家族や親戚の人達が是非助けて欲しいとの懇願であっ た。その人の家は私の家より十里ほど離れていたので、私が通うには困難 のため直ちに自動車に乗せて私の家へ連れて来た。その際途中においての 生命の危険を慮り夫君も同乗し、私は途中で片手で抱き、片手で浄霊しつ つともかく無事に私方へ着いたのである。然るに翌朝未明付き添いの者に 私は起こされた。直ちに病室へ行ってみると、病人は私の手を握って放さ ない。曰く「自分は今、身体から何か抜け出るような気がして恐ろしくて ならないから、先生の手に掴まらしていただきたい。そうして私はどうし ても今日死ぬような気がしてならないから、家族の者を至急呼んでいただ きたい」と言うので、直ぐに電話をかけた。一時間余りの後、家族や親戚数 人、会社の嘱託医等自動車で来た。その時患者は昏睡状態で脈搏も微弱で ある。医師の診断も勿論時間の問題との事である。そうして家族に取り巻 かれながら依然昏睡状態を続けていたが、呼吸は絶えなかった。遂に夜と なった。相変わらずの状態である。ちょうど午後八時頃、突如として目を 開き不思議そうにあたりを見回している。曰く「私は今し方、何ともいえ ない美しい所へ行って来た。それは花園で、百花爛漫と咲き乱れ、美しき 天人達が大勢いて、遥か奥の方に一人の気高い絵で見る観世音菩薩のよう なお方が私の方をご覧になられ、微笑まれたので、私は有難さに平伏した。 と思うと同時に覚醒したのである。そうして今は非常に爽快で、このよう な気持は、罹病以来未だ曽てなかった」との事である。そのようなわけで 翌日から全然苦痛はなく、否全快してしまって、ただ衰弱だけが残るのみ であった。それも一ヵ月くらいで平常通りの健康に復し、その後もなんら 異状はなかったのである。以上は全く一時的霊が脱出して天国へ赴き、観 世音菩薩より霊体の罪穢を払拭されたのである。

   次に二十歳くらいの女子、重症肺結核で一旦治癒したが、一ヵ年ほど経 て再発し、遂に死んだのである。それでその霊を私がまつってやった。と ころがその娘に兄が一人あった。非常に酒飲みで怠惰で困り者であった。 娘が死んでから二、三ヶ月経た頃、ある日その兄が自分の居間に坐ってい ると、眼前数尺の上方に朦朧として紫色の煙の如きものが見えるかと思う と、その紫雲は徐々と下降する。すると紫雲の上に死んだはずの妹が立っ ている。よく見ると生前よりも端麗にして美しく、衣服は十二単の如き美 衣を着、犯し難い品位を備えている。そうして妹の曰く「私は、兄さんが 酒を止めるよう勧告に参りました。どうか家のため身のため禁酒していた だきたい」と懇ろに言って再び紫雲に乗り、天上に向かって消え去ったので ある。ところが数日を経て同様の事があり、また数日を経た三度目の来降 である。その時は眼前に朱塗りの曲線である美しい橋が現われ、紫雲から 静かに降り立った妹は、橋を渡り来たって曰く、「今日は三回目で、今日限 りで神様のお許しはなくなる。今日は最後である」と言って例の如く禁酒 を奨めたが、それ以後はそういう事はなかったそうで、これは勿論一時的 霊眼が開けたのである。

   右は、天国から天人となって現界へ降下せる実例としては好適なもので あろう。また面白い事は、右の兄なる人物は全然無信仰者で、霊などに関 心など持たず、潜在意識などあるわけがないから、観念の作用でない事は 勿論で、右の話は母親から聞いたのである。

   次にこれは肉体の病気でない――いわば精神的病気ともいうべき二十幾 歳の青年があった。その頃彼はある花柳界の婦人に迷い、遂に合意の情死 を遂げんとする一歩手前のところを私は奇跡的に救ったのである。その際 彼は二人分の毒薬を懐中に用意していたにみても危いところであった。私 の家へ連れて来、早速霊的調査をしてみた。すると彼の口から、狐霊が憑 依してそういう事をさしたというわけが分ったので、その狐霊に対し戒告 を与えなどして約二十分くらいで終わった。終わったに拘らず彼はなおも瞑 目合掌している。そうして左方に向かい首を傾げている。それが約三、四分 くらいで漸く目を開き、不思議そうになおも首を傾げている。彼曰く「不 思議なものを見ました。それは自分の傍に琴の如き音楽を奏している者が あり、その音色は実に何ともいえない高雅で、聞き惚れながらあたりをよ く見ると、非常に広い神殿の如きものの内部で突き当たりに階段がありその 奥に簾が垂れている。すると、先生が衣冠束帯の姿で静かに歩を運ばれ、 階段を昇り簾の中へはいられた」との事である。私は「後から見たのでは誰 だか分らないではないか」というと彼は「否、確かに先生に違いない」と の事で、その服装は、冠を被り、纓が垂れ、青色の上衣に、表袴は赤色と の事であった。これは彼が一時的霊眼が開け、霊界が見えたのである。彼 はなんらの信仰もない商店の店員であって、霊的知識など皆無であるから 却って信を置けると思う。そうして彼の坐した左側には神床があって、神 様をまつってあったのである。これはその時の私の幽体がその神殿の奥に いて出て来たものであろう。

   以上示したところの三例は、天国の室外と室内の天人の降下状態を知る うえにおいて参考になるであろう。

   次に仏界における極楽の状態を書いてみよう。この時の霊媒は十八歳の 純な処女であった。この娘に憑依したのはその娘の祖先である武士の霊で、 二百数十年前に戦死した由である。その霊は生前真言宗の熱心な信者で、 死後間もなく弘法大師の団体へはいったので、私の質問に応じて答えたと ころは左の如くである。「最初自分が来た時は数百人ぐらいいたが、年々 生まれ変わる霊が入り来たる霊よりも多いので、今は百人ぐらいに減じて しまった。そうして日常生活は大きな伽藍の中に住んでいて、別段仕事と てはなく、琴、三味線、笛、太鼓等の遊芸や絵画、彫刻、読書、書道、碁、 将棋、その他現世におけると略同様の楽しみに耽り暮している。また時々 弘法大師または○○上人(私はその名を失念した)のお説教があり、それ を聞く事が何よりの楽しみである。また弘法大師は時々釈迦如来の下へ行 かれるそうで、そこはこの極楽よりも一段上で、非常に明るく、眩しくて 仰ぎ見られないくらいである。また戸外へ出ると非常に大きな湖があって、 そこへ蓮の葉が無数に浮かんでおり、大きさはちょうど二人が乗れるぐら いで、たいていは夫婦者が乗っており、別段漕がなくとも欲する方へ行け るのである。そうして夜がなく二六時中昼間で、明るさは現世の晴れた日 の昼間より少し暗く、光線は金色の柔かく快い感じである」と言うのであ る。

   私はたびたび極楽に住する霊から聞いた事であるが、極楽に長くいると 飽きるそうである。二六時中遊びに耽けるだけで面白くないから、神界の 方へ回して貰いたいとよく希望された。私は要求を容れて神界へ移住さし た霊は少なからずあった。その理由は神界は最近活動状態にはいり、諸神 諸霊は多忙を極めている。言うまでもなくこれは昼間の世界が近づいたた めである。何となれば神は昼の世界を主宰し、仏は夜の世界を主宰してい たからである。

   次に地獄界であるが、三段階の最下段は、神道にては根底の国と言い、 仏教にては極寒地獄といい、西洋にては地獄といい全くの無明暗黒界で真 の凍結境である。そこへ落ちた霊は何十年何百年もの間全然何も見えず、 凍結のままちょっとの身動きさえでき得ないのであるから、まことに悲惨 とも何とも形容がし難いのである。私はそこから救われた霊から聞いた時 慄然としたのである。かのダンテの「神曲」にある凍結地獄の状態は真実 であろう。

   中段地獄は昔から一般に言われている修羅道、畜生道、色欲道、餓鬼道、 針の山、血の池地獄、蛇地獄、蜂室地獄、蟻地獄等種々あり、それら取り 締りの赤鬼、青鬼も地獄図絵に見る如くであって、この鬼は現界において 警官獄卒等のうち残忍性に富んだものがなるのである。地獄の刑罰として はかの棘のついた鉄の棒で殴るのであるが、霊の話によれば人間の時より も数倍痛いそうである。それは肉体なる掩護物がなく直接神経に触れるか らであろう。

   地獄苦について種々の例を挙げてみよう。

   まず針の山は読んで字の如く、無数の針の上を歩くのであるから、その 痛さは非常なものであろう。血の池地獄は妊娠や出産が原因で死んだ霊が 必ず一度は行く所であって、これは多くの霊から聞いた話であるが、文字 通り一面の血の池で首まで浸っており、血なまぐさい事甚しく、その池に はおびただしい蛆虫様のものがいて、それが始終顔へ這い上がってくるの で、その無気味さは堪えられないそうで、始終虫を手で払い落としており、そ のような苦痛が普通三十年くらい続くのである。蜂室地獄はこれも霊から 聞いた話であるが、ある芸者の死霊が某美容院の弟子に憑依し語ったとこ ろによると、人間一人くらいはいる箱の中に入れられ、無数の蜂が身体中 所嫌わず刺すので名状すべからざる苦痛であるとの事であった。焦熱地獄 は焼死したり、三原山の如き噴火口へ飛び込んだりした霊である。それに ついてこういう例があった。ある中年の男子、一種の火癲癇で、彼曰く就 寝していると夜中に目が覚める。見ると数間先に炎々と火が燃えながら、 だんだん近寄るとみるや発作状態となり、その瞬間身体が火の如く熱くな ると共に無我に陥るのである。これは大震災の翌年から発病したとの事で あるから勿論震災で焼死した霊であろう。この意味によって今回の空襲に よる多数の焼死者の霊は無論焦熱地獄に苦しんでいるわけであるから、遺 族は供養を怠ってはならないのである。

   色欲道は無論不純なる男女関係の結果落ち行く地獄であって、その程度 によってそれぞれの差異がある。例えば情死の如きは男女の霊と霊が結合 して離れない。それは来世までも離れまいという想念に因るからであり、 抱合中心の如きは密着したままで離れないから、不便と恥ずかしさのため 大いに後悔するのである。偶新聞の記事などに表われている――生まれた双 子の身体の一部が密着して離れないというのは情死者の再生である。また世 間で言う逆様事、即ち親子兄弟、弟子と師匠などの不義の霊は上下反対に密 着するので、一方が真直であれば一方は逆様というわけで、不便と苦痛と 羞恥によって大いに後悔するのである。これによってみても世間よく愛人 同志が情死の場合、死んで天国で楽しく暮そうなどという事は思い違いも 甚しいわけで、実に霊界は至公至平である事が分るであろう。

   こういう事も知っておかねばならない。それは現世において富者であり ながら、非常に吝嗇な人がある。こういう人は現体は金持であっても霊体 は貧者であるから、死後霊界に往くや貧困者となり、窮乏な境遇に陥るの で大いに後悔するのである。それに引き替え、現世において中流以下の生 活者でありながら常に足るを知って満足し、日々感謝の生活を送り、余裕 あれば社会や他人のため善徳を施すような人は霊界に往くや富者となって 幸福な境遇を送るのである。また富豪などが没落する原因としてこういう 事がある。それは出すべき金を出さず、払うべきものを払わないという人 がある。こういう貯めた金は盗みと同様の理になるから霊的には盗み金を 溜めているわけで、これに逆利子が溜る結果、実際の財産は僅少なわけに なる。それがため霊主体従の法則によっていつしか没落する。たいていな 富豪の二代目が不良か低能で財産を蕩尽するという例がよくあるが、右の 理を知ればよく分るのである。

   また今度の戦争の結果、財閥解体という事になったが、その原因は右の 如くであって、従業員や労働者に当然与えるべき金額を与えないで、それ を蓄積し漸次富が増えたのであるからである。本来資本に対する利潤は、 例えば郵便貯金や銀行預金は最も安全であるから三分内外が適当であり、 安全性がやや欠如せる国債は三分五厘、信託は三分八厘、次いで幾分危険性 を伴う株券は四、五分ぐらいが適当でありとしたら、資本家が出資する事業 資金の利潤を、右を標準として合理的に考える時、まず、七、八分乃至一割 ぐらいが適正であろう。然るにそれ以上の利潤を上げる場合、その余剰利 潤は勤労者に分配すべきが至当であるに拘らず、多くの資本家はそのよう な意志はなく、自己の利欲を満足させる事のみ考え、できるだけ多額の利 潤を所得しようとするのが一般的である。労働運動などに怯えたり、スト ライキ等に手を焼いたりするのもそれがためである。従って妥当なる所得 以外の、当然勤労者に配分すべき利潤を取得するという事は、勤労者の所 持金を窃取する意味になる、即ち盗み金である。従って盗み金を蓄積して 財閥となり栄耀栄華に耽ったのであるから天は赦さない。然も霊界では逆 利子がどしどし増えるから、遂に今日に至って盗み金を逆利子の分だけ剥 奪返還されなくてはならない事になったので、全く身から出た錆で誰を怨 む事もできないのである。故に右と反対に適当な利潤を勤労者に分配し蓄 積した富を社会や他人のために費し善徳を積むとしたら、社会から尊敬を 受け、永久に栄える事になるわけである。

   上段地獄は、地獄の刑罰が済み、八衢へ昇ろうとする一歩手前であるか ら大方は軽苦で労作の如きものである。例えば各家の神棚、仏壇等に饌供 した食物の持ち運び、または通信伝達、霊の世話役等々である。

   ここで右饌供の食物について知りおくべき事がある。それは霊と雖も、 食物を食わなければ腹が減る。そうして霊の食物とは、すべての食物の霊 気を食するのである。但し現世と違い、極めて少量で満腹するので、霊一 人一日分の食糧は飯粒三つくらいで足りるのである。したがって普通の家 庭で饌供された食物と雖もかなり多数の霊人が食しても余りあるくらいで あるから、その余分は餓鬼道の霊達に施与するので、その徳によって、そ の家の祖霊の向上が速かになるのである。この意味において祖霊へ対して はできるだけ飲食など供えるべきで、万一祖霊へ対して供養を怠る時は、 祖霊は飢餓に迫られ、止むを得ず盗み食いする結果、餓鬼道へ落ちるかま たは犬猫の如き獣類に憑依して食欲を充たそうとする。それがため畜生道 へ落ちるのである。すべて人霊が畜生へ憑依する時は、悪貨が良貨を駆逐 するように、漸次人霊が溶け込み、獣霊の方へ同化してしまう。この人獣 同化霊が再生した場合その獣となって生まれるが、これは生来の獣霊とは 異なり人語を解する。よく馬、犬、猫、狐、狸、蛇等に人語を解するのが あるが、これらは右の如き人獣同化霊の再生である。この同化霊は獣類に なってある程度の修業が済むとまた人間に再生するのである。ここで注意 すべきは蛇、猫等を殺し祟ることがあるが、これは同化霊であるからで、 同化霊でないものは祟らない。また旧家など古くから青大将がいるが、こ れは祖先が蛇との同化霊となって子孫を守護しているので、これらを殺す 場合非常に立腹し戒告を与える。よく蛇を殺してから死人ができたり、家 が没落するというような事はそれである。また右と同様古くからまつって ある稲荷などは、それを取り潰したり祭典を怠る場合よく戒告を与えられ るが、それに気付かないと家の没落までに至る事があるから大いに注意す べきである。

   右の如き実例は非常に多く、読者中にも思い当たる事が幾つかは必ずある はずである。私の経験にこういう事があった。以前私がある家へ浄霊に行 ったことがある。その家にかなり大きな犬がいた。家人の曰く「この犬は 不思議な犬で、決して外には出ない。殆ど座敷住居で、絹の上等の座蒲 団でないと坐らない。また家人が呼べば来るが、使用人では言う事を聞か ない。食物も粗末な物は絶対に食わないという贅沢さで、よく人語を解し、 粗末な部屋や台所を嫌い、上等の部屋でなくては気に入らないというわけ で、その他すべてが人間の通りである」との事で、その疑問に対し私はこ う答えた。「それはあなたの家の祖先が畜生道に落ち、犬に生まれ変わって きたので、その因縁によってあなたの家に飼われるようになり、祖先として の扱いを受けなければ承知しないわけである」との説明によって了解され たのである。

   これは現在私の弟子が実験した事実であるが、今から二十数年以降、横 浜の某所にある中年の婦人、不思議な責苦に遭っているのを聞いたので、 好奇心に駆られ早速行ってみた。本人に面会すると、彼女は首に白布を巻 いていたが、それを取り除くと、驚くべし一匹の蛇が首に巻きついている。 その蛇は人語を解し、彼女が食事をする時は一杯とか二杯とか量を限って 許しを乞うと、その間蛇は巻きついていた力を緩めるので食事をする。そ れが約束より少しでも超過すると再び喉を締めて、決して食わせないので ある。ところがその原因について語ったところによれば「自分がその家へ 嫁入り後暫くして姑が病気に罹ったので、自分は早く死ぬよがしに食物を 与えなかった。それがため餓死同様になって死んだそうである。その怨霊 が蛇になって仇を討つべく、このような責苦に遭わせるのである」との事 で「一人でも多くの世の中の人に罪の恐ろしさを知らせ、幾分なりとも功 徳をしたい」という念願であるとの事であった。

   また動物の虐待について世人の誤解している事がある。それは動物に対 し人間と同様に見る事で、動物虐待は人間から見ると非常に苦痛の如くに 思うが、実はそれほどではない。これについて人間にもサディズムという 性的変態症があるが、これは肉体的虐待によって快感を催すのである。勿 論これは牛馬の如き虐待を好む動物霊の憑依によるのである。

   ここで仏壇についての説明をするが、仏壇の内部は極楽浄土の様相を備 えて祖霊を招ずるのである。極楽界は飲食豊かに百花咲き乱れ、香気漂い、 優雅な音楽を奏している。故にささやかながらも、その型として飲食を上 げ、花を供え、線香を上げるのである。また寺院においても同様で、木魚 を叩き、鐃鉢を鳴らし、笙、篳篥の楽を奏するのは何れも音楽の意味であ る。また仏壇へ飲食を供する際鐘を叩くのは霊界への合図である。

昭和22年(1947年)2月5日
「天国の福音」     『岡田茂吉全集』著述篇第五巻 p.292
『聖教書』 p.160


註:この論文は、一部抜粋されています。

戻る