×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

生と死


   人生死の問題ほど切実なる問題はあるまい。故に死及び死後について幻 想的でない実証的の解説を得たならば、これほどの喜びはないであろう。 私はこの問題に対し霊的事象の研究から得た成果を発表し、遍く世人に知 らせ、蒙を啓きたく思うのである。もっとも死後の問題に対しては欧米に おいても心霊研究家としてオリヴァー・ロッジ卿、メーテルリンク、ワー ド博士等の如きは、名著もあり、斯界の権威でもある。日本においても故 浅野和三郎氏の如きは心霊研究家としてその造詣も深く、著書も多数あり、 数年前物故したが、私も些か関係があったので惜しまれるのである。

   私が霊の問題を説くに当たって断っておきたい事は、できるだけ自分自 身の経験を主として記述する事にした。これは正確を期するためで、何分 霊に関した問題は捕捉し難い不可視的である以上、ともすればドグマに陥 り易いからである。

   人間はさきに説いた如く、使用不能になった肉体から離脱した霊は、霊 界に復帰し霊界人となり、霊界生活が始まるのである。そうしてまず人間 死の刹那は如何なる状態であるかを霊界から観察した時の模様を書いてみ よう。

   死即ち精霊が肉体から離脱の場合、概ね人体の三ヶ所から出る。即ち前 額部、臍部、足の爪先からである。この区別は如何なる理由によるかとい うに、霊の清浄なるものは前額部、中ぐらいのものは臍部、汚濁せるものは足 部というわけである。その理由としては霊の清浄なるものは、生前善を行 ない徳を積み霊が浄化されたためで、汚濁は生前罪穢を重ねたるもの、中 ぐらいはその中間であって、すべては相応の理によるのである。また左の 例は死の刹那を霊視したある看護婦の手記であるが、非常によく書いてあ るから参考に供する事にした。

   これは西洋の例であるが、人によって霊の見える人が西洋にも日本にも 偶あるのである。私は詳しい事は忘れたが、要点だけは覚えているから書 いてみよう。「私は、ある時今や死に垂んとする病人を凝視していると、 額の辺から一条の白色の霧のようなものが立ち上り、空間に緩やかに拡が りゆくのである。そうするうちに、雲煙の如き一つの大きな不規則な塊の ようなものになったかと思うと、間もなく然も徐々として人体の形状の如 くなり、数分後には全く生前そのままの姿となって、空間に立ち、じっと 自己の死骸と見詰めており、死骸に取りついて近親者が悲歎に暮れている のに対し、自分の存在を知らしたいような風に見えたが、何しろ幽冥所を 異にしているので諦めたか、暫くして向き直り窓の方に進んでゆき、頗る 軽げに外へ出て行った」と言うのであるが、これは全く死の刹那をよく現 わしている。

   仏教においては人の死を往生という。これは現界からみれば往死である が、霊界から見れば生まれてくる、即ち往生である。また死ぬ前の事を生 前というのも右の意味に外ならないのである。そうして人間は霊界におけ る生活を、何年か何十年何百年か続けて再び生まれるのである。かくの如 く生き変わり死に変わり何回でも生まれてくるので、仏語に輪廻転生とは この事を言ったものであろう。

   霊界なるものは人間に対し如何なる関係ありやというに、それは現界に おいて、神よりの受命者として人各々の業務を遂行するにおいて、意識せ ると意識せざるとに拘らず、霊体に汚穢が堆積する。それと共に肉体も、 病気、老衰等によって受命を遂行し難くなるから、一旦体を捨てて霊界に 復帰する。即ち帰幽である。昔から霊の抜けた体を称してナキガラという 事や、肉体をカラダというのもそういう意味である。そうして霊魂が霊界 にはいるや、大多数は汚穢の浄化作用が始まる。汚穢の量によって霊界生 活においての高下と浄化時限の長短があるのは勿論で、早きは数年数十年、 遅きは数百年数千年に及ぶものさえある。そうしてある程度浄化されたも のは、神の受命により再生するのである。右は普通の順序であるが、人に より順序通りゆかぬ場合がある。それは生に対する執着であって、死に際 会し生の執着が強いものは、霊界の浄化が不充分でありながら再生する場 合もある。こういう人は不幸の運命を辿るのである。何となれば浄化不充 分のため、前世における罪穢が相当残存しており、それの浄化が発生する からである。この理によって世間よく善人にして不幸な人があるが、かか る人は前世において罪を重ね、死に際会し飜然と悔悟し、人間は未来永劫 悪はなすまじと固く決心し、その想念が霊魂に染みついており、浄化不充 分のまま再生するをもって、悪を嫌い善を行なうに拘らず不幸の境遇を 辿るのである。しかしながらこういう人もある期間不幸が続き、罪穢が払 拭されるにおいて一躍幸福者となる例もまた少なくないのである。またこ ういう人がある。自分の妻以外の女は知らないという品行方正を誇りとす るのや、妻帯を欲せず、独身同様に終わるものもあるが、これらの人は前世 において婦人関係によって不幸の原因を作り、死に際会し女性に対する一 種の恐怖心を抱き、その想念が霊魂に染みついているためである。その他 鳥獣、虫類等のある種に対し、特に嫌悪または恐怖を抱くものがあるが、 それらも、その動物によって死の原因を作ったためである。また水を恐れ たり、火を恐れたり、高所を恐れたりするのは、それらが原因となったた めである。

   人間恐怖症というのがある。例えば多人数集合の場所を恐れるが、これ らも人込で押しつぶされたりして死せるためであり、面白いのは独居を恐 怖するものがある。私が扱った人でこういうのがあった。それは留守居が できない。即ち己れ一人では寂しく恐ろしいので、独居の場合は必ず外へ 出て誰か帰るまで待っているのである。これらは前世において独居の際急 病が起こり人を呼んでも間に合わぬうち死せるものであろう。以上の如き 数種の例によってみても、人間は死に際し、執着や恐怖等なく、平安に大 往生を遂ぐるよう、平常から心掛くべきである。

   生まれながらにして奇形や不具者があるが、これは霊界において、完全 に浄化が行なわれないうち再生するからである。例えば高所から転落して 手や足を折った場合、それが治り切らないうちに生まれてくるからである。

   また早く再生する原因として、本人の執着のみでなく遺族の執着も影響 する。世間よく愛児が死んでから間もなく妊娠し生まれるという例がある が、これらは全く死んだ愛児が母親の執着によって早く再生するのである が、こういう子供はあまり幸福ではないのである。

   人は生まれながらにして賢愚の別がある。これはどういうわけかという と、古い霊魂と新しい霊魂との差異によるのである。古い霊魂とは、再生 の度数が多く現世の経験を豊かに持っているからで、これに反し新しい霊 魂とは霊界において新生して間もないものであるから、経験が浅くどうし ても愚かなわけである。そうして新しい霊魂とは、霊界においても生殖作 用が行なわれ生誕するのである。

   また誰しも経験するところであるが、見ず知らずの他人であっても、一 度接するや親子の如く兄弟の如く、否それ以上に親しみを感ずる事がある が、これは前世において、近親者または非常に親密な間柄であったためで、 この事を称して因縁というのである。また旅行などした際、ある場所に非 常に親しみを感ずる事があり、是非住みたいと思う事がある。それらは前 世においてその辺に住み、または長く滞在していたためである。また男女 関係などの場合、熱烈な恋愛に陥り、盲目的にまで進む場合があるが、こ れらも前世において心と心とで相愛しながら結合の機会を得なかった、と ころが今生においてその機会を得たので、爆発的恋愛関係となるのである。

   また歴史を繙く時、ある時代の場面や人物などに好感や親しみを持った り、反対に憎悪する事があるが、それらも自分がその時代に生まれ合わせ、 何かしら関係があったためである。

昭和22年(1947年)2月5日
「天国の福音」     『岡田茂吉全集』著述篇第五巻 p.282
『聖教書』 p.178


戻る