×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

守護神


   如何なる人間といえども正守護神、または守護霊なるものが霊界に在っ て付随し、常に守護している事である。そうして人は神の子であり、神の 宮であるといわれるが、それは神から受命された即ち神の分霊を有してい るからで、これが本守護神であり、後天的に憑依せる動物霊が副守護神で あるが、動物霊とは狐、狸、犬、猫、馬、牛、猿、いたち等の獣類もしく は種々の龍神、天狗、あらゆる鳥類等が主なるものである。たいていは一 人一種であるが、稀には二、三種以上の事もある。こういう事については 現代人はとうてい信じ難く、嘲笑するくらいであろうが、私が幾多の経験 によって動かすべからざる実態を把握し得たのであるから、否定は不可能 である。そうして先に説いた如く、本守護神は善性であり、良心であり、 副守護神はその反対で悪であり、邪念である。仏教においては良心を菩提 心または仏心といい、邪念を煩悩という

   そうして、本、副両守護神の外、初めに書いた如き正守護神がある。こ れは祖先の霊であって、人が生まれるやそれを守護すべく祖霊中の誰かが 選抜されるのである。この場合普通は人霊であるが、同化霊である龍神、 狐、天狗等もある。私といえども副守護神は烏天狗で、正守護神は龍神で ある。よく人間が危険に遭遇した場合、奇跡的に助かったり、また暗示を 与えられたり、夢知らせや虫が知らせる等の事があるが、皆正守護神の活 動によるのである。また芸術家が創作の場合や発明家が熱中する時、一種 のインスピレーションを受けるが、これらも勿論正守護神の暗示である。 その外人間の正しい希望が実現したり、信仰によってご利益を得る場合、 神が正守護神を通じて行なわれるのである。昔から「至誠天に通ずる」と か「真心が神に通ずる」とか言うのは、神が正守護神を通じてその人に恩 恵を垂れるのである。

昭和22年(1947年)2月5日
「天国の福音」     『岡田茂吉全集』著述篇第五巻 p.320
『聖教書』 p.208


註:岡田茂吉全集では、「邪念を煩悩という」は「邪念を煩悩又は般若という」。

戻る