×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

最後の審判


   キリストの言った最後の審判とは、いつ如何なる形によって現われるも のであろうかは、これは、基督者は固より一般人も知らんとするところで あろう。いよいよ時期切迫の折柄、その片鱗をここに発表するのである。 しかしこれは私個人の見解ではない。全く霊感によるのであるから、一つ の参考とし、学説として読まれん事である。

   いったい最後の審判なるものは、事実あるであろうかをまず決めるべき である。そうして仮にも世界をリードしている文化国民を中心に、数億の 尊信者が絶対帰依しているキリストともいわるる大聖者が、あり得ざる事 をあると言って予言するはずはない。もし本当にないとしたら、単なる嘘 つきという事になる。従って、基督者ならぬ我らと雖も一点の疑いなく確 信しているのである。また私がこれだけは信じているかの大本教組のお筆 先に曰く「神の申した事は、毛筋の横幅も違わんぞよ」という言葉は、そ のまま審判の予言に当てはめても間違いないと思うのである。また善悪に ついてこういうお筆先がある。「悪は根絶やしに致して善の世に致すぞよ」 「悪の世は済みたぞよ」「悪に世は九分九厘で厘止まりに致し、一厘の仕組 で善の世に振り替えるぞよ」「いよいよ世の切り替え時が来るぞよ」とある のは、何れも最後の審判の意味でなくて何であろう。我らが常に言う、こ れが所謂夜昼転換の事である。またお筆先に「この世の大峠が来るから身 魂を磨いておいて下されよ」というところもある。これは夜昼の転換期を いったもので、それを越すためには濁った身魂では駄目だという意味であ る。

   以上によって聖書の審判を基礎とし、お筆先の意味を検討する時、こう いう結論になろう。即ち大危機が迫っており、それを乗り越すには心が清 くなければならない。悪人は転落して永遠に滅びるという意味である。と すれば、どうしても正しい信仰によって魂を浄め無事に乗り越さなければな らないのである。しかしながら世の中には、そんな馬鹿な事があって堪る ものか、神も仏も人間が造ったもので、現実にそんなものはあるはずがな いという唯物主義者はなかなか信じられまいが、その時になって如何にあ わてふためき神に縋ると雖も、もはや手遅れで、どうにもならない事にな るのは火を見るよりも明らかである。勿論神の大愛は一人でも多くを救わ せ給うのであるから、神意を体する我らとしては繰り返し繰り返し筆に口 に警告を与えているのである。

   この事をお筆先には「神は助けようと思って、筆先でなんぼ知らしてや れども、いつも鳴く鳥の声と油断を致していると、今に栃麺棒をふるって、 逆さになってお詫びをせんならん時が来るが、その時になっては、神はそ んな者にかもうてはおれんから、身から出た錆とあきらめて往生致そうよ りしようがないぞよ」とあるのは、それをよく言い表わしていると思うの である。それについて、ノアの洪水の事を概略書いてみよう。

   これは数千年か、あるいは数万年以前の出来事であろうが、無論古代ヨー ロッパのある国に、ノアという名の兄弟があった。その兄が今日でいう神懸 りになってこういう事が示された。それは、近く大洪水があるから、世人 に向かって大いに警告せよ。と言うので、兄弟は頗る熱心に民衆に向かっ て警告を与えたが、誰も信じようとはしない。数年かかって漸く六人の信 ずるものができた。神はまた方舟を造れと命じた。方舟というのは銀杏の 実の形をした舟で、即ち蓋があるのである。ところが暫くして果たせるか な、長雨が続いた。この雨を百日降ったという説と、四十日という説があ るが、とにかく長期間の豪雨には違いなかった。漸次水量は増し、人家は悉 く水中に没し、僅かに山の頂のみが残った。人々は争うて舟をやり、また は高山の上に登ったが、意外にも猛獣、毒蛇も、人間と同様助からんとし て、高山にあるいは舟に登って来た。空腹のため残らずの人間を喰い殺し たのであるが、方舟には蓋があるから登る事ができず、八人だけは助かっ たのである。その八人の子孫は、今日の白人の祖という事になっている。

   次に旧約聖書に、ヨハネは水の洗霊をなしキリストは火の洗霊をすると いう事が出ているが、ノアの洪水がヨハネの水の洗霊であるとすれば、キ リストの火の洗霊は、いよいよ来たらんとする最後の審判でなくてはなら ない事になる。しかしながら水とは体的であり、火とは霊であるから、我 らが今行なっている霊をもって霊を浄める方法こそ、全く火の洗霊である。 すると霊から体に移写するのであるから、火の洗霊が体的に如何に影響す るか、これこそ空前の変異でなくてはならない。

   といっても危機は悪に対してのみ現われ、善には危機はない事を知らね ばならない。

   この文を無信仰者に提供するのである。

昭和25年(1950年)1月20日
「地上天国」12号     『岡田茂吉全集』著述篇第八巻 p.292
『聖教書』 p.235


戻る