×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    


   力について世の中の人は深い事を知らないからここに書いてみるが、こ れを科学的定義でいうならば、目に見える形ある力ほど弱く、見えない力 ほど強いという原理である。即ち前者は何馬力とか、何キロとかいうよう に限度があるが、後者に至っては無限である。つまり人間の想念と同じで、 目には見えないが恐るべき力がある。偉い人の力は一人で世界を動かす事 さえできるのは人の知る通りである。

   右は人間だけについての説明であるが、これを押し拡げたのが神様の力 である。これを科学的に説くこともできる。即ち科学で唱える粒子説がそ れで、これによると人間の霊は粗粒子であって、神様の霊は微粒子である。 勿論神様でも神格が高まるほど、微粒子の度はますます高くなり、それと 共に稀薄にもなるのである。このように力学的にいっても粗粒子ほど力が 弱く、微粒子ほど力が強い事を知るべきである。

   この理によって最高級の神様の事を、神道では幽の幽とか、または幽玄 微妙などとも一言われるのは、全くそれを表現した言葉である。この理によ って私に与えられている神力は最高級の神霊であるから、絶対力といって もいいくらいのもので、この力は本当に揮われた者は昔から一人もなかっ たのである。かのキリストにしろ、言い難い話だが割り合い弱かったのは 事実がよく示している。即ちキリストの行なった奇跡といってもご自分だ けのもので、弟子達にまで分け与える事はできなかったのである。その他 の聖者にしても、悉く限られた力であった事はその事跡が示している。

   ここに私の事を少し書いてみるが、私の発揮する力の大きさと強さは、 無限絶対と言ってもいいくらいで、現在行使してる力は一部の発揮でしか ないが、それでも知り得た人は驚歎する。信者は勿論だが、信者の中でも 熱心な人で何分の一ぐらいしか分り得ないのである。言うまでもなく何れ は本当に発揮する時が来るから、その時は開いた口が塞らないであろう。 故に今から腹帯をしっかり締めておく必要がある。そうして私が現在顕わ している力だけでさえ、病気を治す人間を作り、農業の栽培法を教え、神 の実在を分らせる奇跡を顕わしているばかりか、大規模な地上天国をも造 っているのだが、これらはほんの小手調べで、時と共にだんだん押し拡が り、何れは世界的に天国を造る事になろうから、本当の神力はこれからで ある。

   そのようなわけで、もっと詳しく知らせたいが、今言ったところでとう てい信ずる事はできないし、神秘でもあるから、ほんの一部分だけ時に応 じ、進むに従い発表するのである。これを要約すれば善言讃詞にある通り の世界を造ってゆくのである。特に一言いっておきたいのは、最大の争い である国と国との戦争であるが、これも私は、時が来れば一挙に無くすこ とができるだけの力も持っているから、安心して貰いたいのである。

昭和27年(1952年)4月9日
「栄光」151号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.455
『聖教書』 p.252


戻る