×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

私の光


   私は仏教について、今まで何人も説かなかった色々の事を書いて来たが、 勿論これは神示によって知り得たものばかりで、読む人は驚異の眼をみは るであろう。とすれば、何故神は今日までそれを明らかにせられなかった かというと、全く時節のためである。時節とは、先に述べた如く夜昼の転 換という一大エポックであって、つまり今まで長い間続いてきた夜の世界、 即ち暗黒無明の世界が消え、昼の世界即ち赫々たる太陽の光の世界が近づ きつつあるのである。しかし闇の夜といっても、月光によってある程度物 を見ることができたので、せめてもとして人間は喜んだのである。これが 真如の月の教え、即ち仏教であった。

   右の如く、月光では薄明りで、はっきり見ることができなかった。従っ て夜の期間中は宗教は固より、何もかも徹底的に見えないのは当然で、そ れがため人間は迷いを生じ、真の安心立命は得られなかったのである。と ころが昼となるや天日の下、地上一切のものは明々白々に露呈されるので、 分らないものはなくなるわけである。故に昼の文明を創造する私としては、 一切が分るのは当然である。

   では私と昼の世界との関係を一層徹底してみると、こういう事になる。 即ち私には光明の玉、昔から言われている如意宝珠が体内に宿っている。 この事は以前にも発表したが、ここでは光について詳しく書いてみよう。 元来光とは太陽そのもののように思うであろうが、そうではない。本当は 太陽と月との密合したものである。

   そのように両極端の元素が光の本質とすれば、それが私の肉体に宿る以 上、肉体は土素であるから火水土の三位一体となる。しかしそれだけなら 普通人は土ばかりかというと、そうではない。普通人にもそれぞれ光はあ るが、ただ小さく弱いのである。ところが私にある光の力は非常に大きい もので、普通人の何万倍か何百万倍か、あるいは無限大かも分らないほど で、殆ど想像を絶すると言ってもよかろう。何となれば私が今毎日のよ うにかいている“おひかり”の文字である。『光』『光明』『大光明』の 三種であるが、これを懐へ入れるや即座に人の病気を治し得る力を発揮さ れる。この力こそ“おひかり”の文字から放射される光のためである。と ころが私はその“おひかり”の文字をかく場合、祈りもせずなんら変わっ た事はやらない。ただ一枚ずつ頗るスピーディにかく。まず一枚かくのに七 秒平均であるから、一時間に五百枚は楽である。その一枚の紙で何万人も の病気を治せるとしたら、今後何万何十万の人間に与えても、効果は同様 である。とすれば、私がもっている光の力はほぼ想像がつくであろう。

   これほど絶大なる力をもつ私としたら、何ものも分らないはずはない。信 者はよく知る通り、如何なる事を聞かれても、私は答えに窮した事はない。 また遠方の人で病苦に悩んでいる場合、よく電報などでご守護を頼んで来 るが、それだけでおかげを貰う人も沢山ある。それは私の耳にはいるや、 一瞬にして光の一部が分裂してその人に繋がる。これによって霊線を通じ ておかげを頂くのである。このように、光は何万倍にも、どんなに遠くて も放射され、連繋されるのだから重宝である。一層分り易く言えば、私か ら放射されるものは、言わば光の弾丸である。言うまでもなく普通の弾丸 と違うところは、彼は人を殺すが、我は人を活かす。彼は有限であるが、 我は無限である。

   以上だいたいの説明であるが、これは私の力のほんの一部分であって、 全体を説明するには容易ではない。何よりも今後私のやる仕事を活眼を開 いて見て貰う事である。知性の働く人ならある程度分らないはずはない。 信仰的に言えば身魂相応にとれるのだから、この意味から言っても、信者 は精々身魂を磨き、曇りのないようにしておく事で、そうすれば正覚を得 て私の力徳が分るはずである。

昭和27年(1952年)5月25日
「地上天国」     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.497
『聖教書』 p.255


戻る