×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

火事と浄霊


   よく隣まで焼けてきた火事が、ご浄霊をするや忽ち風向きが変わけ助 かった、というおかげ話はよくあるが、これはどういうわけかというと、 こうである。即ち火事というものは火の浄化作用であって、物質に穢れが 溜っているとその霊も曇っているから、これに火が移り易くなる。そこで 浄霊をするとその曇りが消えるから、焼くべき材料が無くなり、火は方向 転換するので全く自然である。従って火災を無くすには、何よりも物質の 霊を曇らせないようにする事で、これより外に根本的に火事を無くす法 はないのである。としたらまずご神体を奉斎し、一家の霊界を浄めればい いのである。

   ところが近来の如く各地に火災が多く、幾ら建てても焼失が多いので、 住宅難の今日いつになっても解決できないのは勿論、火災は物質の損害の みではなく、精神的損害も多大であり、回復するまでの労力や休業等の被 害も少なくないのであるから、当局も躍起となってベストを尽してはいる が、なかなか思うようにゆかないのは、右の如き霊的根本が分っていない からである。従って本当に火災無き日本とするには、大部分の人が本数信 者になればいいんだが、そうもゆくまいから、今のところただ物質的防火 法を行なうより手段はないので、時を待つより致し方ないであろうが、何 れは神様が何とかして下さると思うのである。

昭和27年(1952年)2月20日
「栄光」144号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.392
『聖教書』 p.270


戻る


註:岡田茂吉全集では「光明如来様」