×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

主観と客観


   人間は、処世上とかく主観に捉われがちで、特に女性に多いのは事実で ある。この主観に捉わるる事は、最も危険である。というのは自己の抱い ている考え方が本当と思って自説を固執すると共にその尺度で他人を計ろ うとする。それがため物事がスムーズにいかない。人を苦しめるばかりで なく自分も苦しむ。

   右の理によって、人間は絶えず自分から離れて自分をみる。即ち、第二 の自分を作って、第一の自分を常に批判する。そうすればまずまず間違い は起こらないのである。これについて面白い話がある。それは、昔万朝報 という新聞の社長であり、また翻訳小説でも有名であった黒岩涙香という 人があった。この人は一面また哲学者でもあったので、私はよく氏の哲学 談を聞いたものである。氏の言葉にこういう事があった。それは人間は誰 しも生まれながらの自分は碌な者はない。どうしても人間向上しようと思 えば、新しく第二の自分をつくるのである。所謂第二の誕生である。私はこ の説に感銘して、それに努力し、少なからず裨益した事は今でも覚えてい る。

昭和25年(1950年)3月18日
「救世」     『聖教書』 p.283


戻る