×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

正義感


   いまさらこんな事を言うのは、余りに当たり前すぎるが、実をいうとこの 当たり前が案外閑却されている今日であるから、書かざるを得ないのであ る。それはまず現在世の中のあらゆる面を観察してみると、誰も彼も正義感 などは殆どないと言ってもいいほどで、何事も利害一点張りの考え方であ る。というわけで偶正義などを口にする者があると、時勢遅れとして相手に されないどころか、寧ろ軽蔑されるくらいである。ではそのようにして物 事が思うようにゆくかと言うと、意外にも寧ろ反対であって、失敗や災難 の方が多く、それを繰り返しているに拘らず、これが浮世の常態として、 べつだん怪しむ事なく、日々を無意識に送っているのが今日の世相である。

   ところがこれを我々の方から見ると、立派に原因があるのであって、た だ世人はそれに気が付かないだけの事である。ではいったい原因とは何か と言うと、これこそ私の言わんとする所謂正義感の欠乏である。というの は、多くの人は絶えず邪念に冒され、魂が曇り、心の盲となっているため 見えないのである。これについて私は長い間あらゆる人間の運不運につい て注意してみていると、それに間違いない事がよく分る。では正義感の不 足の根本は何かというと、それは目には見えないが、霊の世界というもの が立派に存在しているのである。そうしてその霊界には神の律法というも のがあって、人間の法律とは違い厳正公平、些かの依沽もなく人間の行為 を裁いているのである。ところが情ない哉人間にはそれが分らないためと、 また聞いても信じられないためとで、不知不識不幸の原因を自ら作ってい るのである。

   そんなわけで世の中の大部分の人は、口ではうまい事を言い、上面だけ をよく見せようとし、自分を実価以上に買わせようと常に苦心しているが、 前記の如く神の目は光っており、肚の底まで見透され、その人の善悪を計 量器にかけた如く運不運は決められるのであるから、どうしようもない。 ところがこんな分り切った道理さえ、教養の低い一般庶民ならいざ知らず、 教養あり、地位、名誉あるお偉方でさえ分らないのは、全く現界の表面の みを見て、肝心な内面にある霊界を知らないからである。それがため彼ら は無い知恵を絞って世を偽り、人をだます事のみ一生懸命になっており、 これが利口と思っているのであるから哀れなものと言えよう。その証拠に は、結果はいつも逆で、うまくゆかない事実に気が付かず、上から下まで その考え方になっているため、犯罪者は増え、社会不安は募るばかりであ る。従って今日の社会で何かやろうとしても、邪魔がはいり、失敗し、骨 折損の草臥儲けとなる事が多いどころか、中には新聞種にされたり、裁判 沙汰になる人さえ往々あるのである。

   私はこれらの人達を、賢い愚昧族と思い、何とかして目覚めさせたいと 骨折っているが、それには神の実在を認識させる外にないのであるが、こ れがまた非常に難しい。というのは、知らるる通り現在指導者階級の人ほ ど、無神思想をもって文化人の資格とさえ思っているのだから、本当に分 らせるには、どうしても機会を作って奇跡を見せる事である。というわけで 私は神から与えられた力を行使し、現在驚くべき奇跡を顕わしつつあるの で、近来漸く社会に知れてきたようで喜んでいる次第である。そうして以 上の理を一層徹底すれば、こういう事になる。即ち正義そのものが神であ り、邪悪そのものが悪魔であり、神即正義、邪悪即悪魔であると共に、神 は幸福を好み、悪魔は不幸を好むのが本来であるから、幸不幸は人間の考 え方次第であるから、この真理を肚の底から分るのが根本である。

   以上の理によって、正義感を基本としなければ幸福を 掴える事は絶対で きない。というわけで、悪ほど損なものはないのである。私は「愚かなる 者よ、汝の名は悪人なり」と常に言っているくらいで、この理が分りさえ ずれば、今からでも忽ち幸運街道驀進者となるのである。但しこれには一つ の条件がある。それは単に正義と言っても二通りある。一つは個人の利益を 本意とする小正義と、社会国家を主とする中正義と、そうして世界人類を主 とする大正義とである。ところが小と中は真の正義ではなく偽正義であり、 大正義こそ真の正義である。例えば親に孝、君に忠は、煎じ詰めれば利己 本位である以上偽正義である。この間の戦争にしても、日本が負けたのは 日本だけの利益を主とした偽正義であったからで、どうしても世界全体の 利益を目的とする大正義でなければ、永遠の栄を齎す事はできない。これ が真理である。勿論宗教にしても同様な事が言える。かの仏教やキリスト 教の如き大宗教が今日衰えたというのは、大正義に見えても実はある程度 の欠陥があったからで、それが今まで分らなかったのである。

   ところが我が神慈秀明会に至っては、信者も知る如く、病貧争絶無の地 上天国をモットーとしている以上、人類全体の利益が本意であるから、真 の大正義の実行者である。

昭和28年(1953年)12月23日
「栄光」240号     『岡田茂吉全集』著述篇第十一巻 p.680
『聖教書』 p.291


註:岡田茂吉全集では、「救世教」

戻る