×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

お任せする


   私はいつもお任せせよという事を教えているが、つまり神様にお任せし 切って、何事があってもくよくよ心配しない事である。というと実に造作 もないわけなくできそうな話だが、どっこいなかなかそうはゆかないもの である。私でさえその境地になった時、随分お任せすべく骨を折るが、と もすれば心配という奴、にょきにょき頭をもたげてくる。というようなわ けで、然も今日のような悪い世の中では殆ど不可能といってもいいくら いである。しかしながら神様を知っている人は大いに違う。というのはま ず心配事があった時、それに早く気が付く以上、ずっと楽になるからいい ようなものの、ここに誰も気が付かないところに重要な点があるから、そ れを書いてみよう。

   というのはこれを霊の面から解釈してみると、それは心配するという想 念そのものが一種の執着である。つまり心配執着である。ところがこの心 配執着なるものが曲者であって、何事にも悪影響を与えるものである。だ が普通執着とさえいえば、出世をしたい、金が欲しい、贅沢がしたい、何 でも思うようになりたいという希望的執着と、その半面、彼奴は怪しから ん、太い奴だ、実に憎い、酷い目に遭わしてやりたい、などという質の悪 い執着等であるが、私の言いたいのはそんな分り切った執着ではなく、殆 ど誰も気が付かないところのそれである。ではいったいそれはそんなも のかというと、現在の心配や取越苦労、過越苦労等の執着である。それら に対し信者の場合、神様の方でご守護下されようとしても、右の執着観念 が霊的に邪魔する事になり、強ければ強いほどご守護が薄くなるので、そ のため思うようにゆかないというわけである。この例をして人間がこうい うものが欲しいと頻りに望む時には決して手にははいらないものであって、 もう駄目だと諦めてしまった頃ひょっこりはいってくるのは誰も経験する ところであろう。またこうなりたいとか、ああしたいとか思う時は、実現 しそうで実現しないが、忘れ果てた頃突如として思い通りになるものであ る。浄霊の場合もそうであって、この病人は是非治してやりたいと思うほ ど治りが悪いが、そんな事は念頭におかず、ただ漫然と浄霊する場合や、 治るか治らないか分らないが、まあやってもようと思うような病人は、案 外容易に治るものである。

   また重病人などで家庭や近しい人達が、みんな揃って治してやりたいと 一心になっているのに、却って治りそうで治らず、遂に死ぬ事が往々ある。 そうかと思うと、その反対に本人は生死など眼中におかず、近親者も余り 心配しないような病人は、案外すらすら治るものである。ところでこうい う事もある。本人も助かりたいと強く思い、近親者も是非助けたいと思っ ているのに、病状ますます悪化し、もう駄目だと諦めてしまうと、それか らずんずん快くなって助かるという事もよくある。面白いのは「俺はこれ しきの病気で死んで堪るものか、俺の精神力でも治してみせる」と頑張っ ているような人はたいてい死ぬもので、これらも生の執着が大いに原因し ているのである。

   右の如く種々の例によってみても、執着の如何に恐ろしいかが分るであ ろう。従ってもうとても助からないというような病人には、まず見込がな い事を暗示し、その代り霊界へ往って必ず救われるようにお願いするから と、納得のゆくようよく言い聞かせてやり、家族の者にもその意味を告げ 浄霊をすると、それから好調に向かうものである。またこれは別の話だが、 男女関係もそういう事がよくある。一方が余り熱烈になると相手の方は嫌 気がさすというように、まことに皮肉極まるが、これも執着が相手の心を 冷すからである。このように世の中の事の多くは、まことに皮肉にできて いるもので、実に厄介なようでもあり、面白くもあるものである。右によ っても分る如く、物事が巧くゆかない原因には、執着が大部分を占めてい る事を知らねばならない。私がよく言う逆効果を狙えというのもその意味 で、つまり皮肉の皮肉であって、これが実は真理である。

昭和26年(1951年)11月28日
「栄光」132号     『岡田茂吉全集』著述篇第九巻 p.582
『聖教書』 p.310


戻る