×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

恋愛哲学


   人間生活の中で、この恋愛くらい厄介な解決困難の問題はあるまい。一 言にして言えば恋愛は人生の花であると共にまた茨でもある。恋愛に対し 至上主義という者もあるが、不道徳の原因ともされている。しかしながら 我らからいえば至上主義でもあり、また不道徳の場合もあるというのが本 当であろう。今恋愛について我らの見解を述べてみよう。

   抑々恋愛なるものは、神が人間に与えた最大なる恩恵でもあり、実に耽 美しても耽美し尽くせない魅惑的のものでもある。そうして恋愛が高潮の 結果、生命を放棄する事さえ何とも思わなくなるほどの危険物でもある。 それがため小説でも劇でも、恋愛が含まれなければ成り立ち得ないといっ てもいい。もしこの世に恋愛がないとすれば、人生は冷たい冬の枯野のよ うなものとなろう。

   ところが事実を見る時、恋愛による幸福よりも恋愛による不幸の方が多 いのが例である。人間同志の醜い争いも、どうする事もできない苦悩も、 運命の破滅も、情死殺傷等の忌わしい事件も、悉くといいたいほど恋愛が 原因である。実に恐るべきものといってもよいのである。とすれば恋愛は いったいどう扱うべきが本当であるかを信仰上から書いてみよう。

   それは大して難しい問題ではない。甚だ簡単である。と言えば不思議に 思うであろうが、実は一言にして言えば、叡智と勇気と真の愛である。ま ず男女間に恋愛関係が成立するとする。と同時に決して主観に捉われては ならない。あくまでも客観的にみる事である。

   それにはまず何よりも結果を見極めるべきで、それは双方共前途の幸不 幸を考える。例えば結果が最後の目的であるとすれば、幸福をつくり、善で あり、結婚の意志がなくただ一時的衝動に駆られての享楽本意とすれば、 少なくとも女性の方は不幸となるから、悪である。

   しかし当事者は言うであろう。恋愛をするのに善とか悪とか、結果はど うなるなどと考える事はできない。ただ愛するだけだ、どうにもならない 愛の衝動あるのみだ――と決めるであろうが、これが言わば盲目的恋愛で、 つまり恋愛に呑まれてしまったのである。まず男子の場合とすればか弱い 一女性に呑まれたので、いわば女性に負けたのである。故にかような弱虫 は男子の資格はない。とうてい出世などは難しい人間である。我らの言 いたいのはこの点で、どうしても恋愛を呑んでしまわなくてはいけない。 そうすれば決して間違いなど起こるはずはない。また女性としてもそうい う男子こそ尊敬に値すべきで、却って愛は深くなり満足するものである。 故に我らの恋愛観は、恋愛は決して悪いものではない。全く人生の花であ るが、ただ前述の如く恋愛に支配されない事で、恋愛を支配する事ができ れば決して間違いはないのである。

   恋愛哲学ざっと以上の通りである。

昭和25年(1950年)1月21日
「光」46号     『岡田茂吉全集』著述篇第八巻 p.306
『天国の礎』宗教編下巻 p.213
『聖教書』 p.332


戻る