×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

私というもの


   先に「私のみた私」という論文を書いたが、先の客観論と違い、今度は 主観的にありのままの心理を書いてみようと思うのである。

   現在私ほど幸福なものはあるまいとつくづくと思い、神に対し常に感謝 でいっぱいだ。これは何に原因するのであろうか。なるほど私は普通人と 違い、特に神から重大使命を負わされ、それを遂行すべく日夜努力してお り、それによって如何に多数の人々を救いつつあるかは、信徒諸子の誰も が知るところであろう。ところが私のような特殊人でないところの普通人 であっても容易に行なわれる幸福の秘訣があるから、それを書いてみるが、 書くに当たってまず私の常に抱懐している心境を露呈してみよう。

   私は若い頃から人を喜ばせる事が好きで、殆ど道楽のようになって いる。私は常に如何にしたらみんなが幸福になるかということを思ってい る。これについてこういう事がある。私は朝起きるとまず家族の者のご機 嫌はどうかという事に関心をもつので、一人でもご機嫌が悪いと私も気持 が悪い。この点は世間と反村だ。世間はよく主人の機嫌が良いか悪いかにつ いて何よりも先に関心をもつのであるが、私はそれと反村であるから、自分 でも不思議のような、残念のような気もする。こんなわけで罵詈怒号のよう な声を聞いたり、愚痴や泣言を聞かされたりする事が何よりも幸いのであ る。また一つ事を繰り返し聞かされる事もずいぶん幸い。どこまでも平和 的、幸福的で、これが私の本性である。

   以上述べたような結果が、私をして幸福者たらしむる原因の一つの要素 であるという憩酔によって、私は「人を幸福にしなければ自分は幸福にな り得ない」と常に言うのである。

   私の最大目標である地上天国とは、この私の心が共通し拡大される事と 思っている。この文は些か自由自讃的で心苦しいが、些かでも稗益すると ころがあれば幸甚である。

昭和24年(1949年)8月30日
「地上天国」7号     『岡田茂吉全集』著述篇第七巻 p.365
昭和25年(1950年)1月30日
「自観叢書第十二篇 自観説話集」     『岡田茂吉全集』著述篇第八巻 p.60
『聖教書』 p.345


戻る