×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

名刀をつくる


   昔名刀をつくるには火で焼を入れ、鎚で叩いては水に突っ込み、これを 繰り返す。所謂鍛えるのである。この理は人生にも当てはまるが、実に面 白いと思うのである。

   本教が開教後日を経るに従って、毀誉褒貶、叩かれたり煮え湯を浴びせ られたり、ひやっというような冷水に突っ込まれたりする事がたびたびある。

   これは何故かと人から聞かれる。私は右に対し名刀の例えを言うので、 相手はよく了解するのである。

   この事は昔から人並外れたような仕事をする者は、例外なく名刀的苦難 を嘗めるものである。これを宗教上からいうと、神は使命の大きい人ほど 大きい苦労をさせるとの事であるから、寧ろ喜ぶべきである。

昭和24年(1949年)
初出紙誌不明     『岡田茂吉全集』著述篇第七巻 p.615
『聖教書』 p.353


戻る