×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

行き詰り


   世の中の人ばかりじゃない、信者でもそうだが、よく行き詰りという言 葉を発するが、これはものの真相を弁えないからで、何事も行き詰りがあ るから発展するので、つまり行き詰りじゃないわけで、ちょうど駈け出し すぎては息が続かないから一休みするのと同じわけで、いわば節である。 これは竹を見ても分る通り、伸びては節ができ、伸びては節ができるから 丈夫に育つので、伸びるばかりで節がなければ、あの強靭な竹とはならな いのである。従って節の少ない竹ほど弱く、節の多いほど強いのはそうい うわけである。このようにすべては自然が教えているから、何事も大自然 をよく見つめれば物事はたいてい分るはずである。

   右は自然の行き詰りについて書いたのだが、困ることには人為的に行き 詰らせる人も少なくないので、これこそ叡智が足りないためで、こうすれ ばこうなるという先の見通しがつかないからである。こういう人こそ壁に 突き当たって二進も三進もゆかなくなるのであるから、これを読んだらよ く心の奥にしまっておき、行き詰った際、振り向いてよく考えてみれば分 るはずである。それによって何処かしら間違っている点に気が付けばいい ので、人間は不断からせいぜい知恵を磨いておくべきで、それにはできる だけみ教えを拝読すべきである。

昭和27年(1952年)10月29日
「栄光」180号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.675
『聖教書』 p.354


戻る