×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

大いにみ教えを読むべし


   今まで、本数の宣伝方法としては、浄霊と刊行物の二つによって行なわ れてきたことは知る通りであるが、これからは今一つ座談会、講演会等を 各地に開いて宣伝するのである。これは勿論耳からの宣伝で、今までの病 気治しと日の宣伝の外に、今度から耳の宣伝が加わるわけだ。このように 三位一体的方法によれば、大いに効果のあがる事は期待し得るであろう。

   勿論、耳の宣伝とは言葉によって本数に関する一切を知らせ、如何に本 教が勝れた宗教であるかを伝えるのである。そうして相手に対し分らせる ためには、こちらも信仰的知識が豊富であらねばならない。何しろ聞く者 は、なるほど神慈秀明会というものは実に立派なものだ、いい信仰だ、自 分も是非入信したい、という心を起こさせなければならない。そういう場 合よく、自分は喋るのが下手だ、どうもうまく喋れないなどと言うが、こ れは間違っている。というのは、いくらうまく喋ったところで、相手の心 は動くものではない。いつも言う通り人を動かすには誠である。こちらの 誠が先方の魂に触れる。つまり魂を揺り動かす、それだけである。喋る事 のうまいまずいは二義的である。

   以上のように熱と誠で人を動かすとしても、それには充分理解が必要で ある。とすればこちらも自己の知識を磨く事で、何よりもできるだけみ教 えを読む事である。また質問を受ける場合が大いにあるから、それに村し 一々明確な答弁が与えられなければ、相手は納得しないに決まっている。 従ってどんなに難しい事でも、相手が承知するだけの解答を与えなくては ならない。そうして特に注意すべきは、よく苦し紛れに嘘の答弁をする人 がある。相手が激しく斬り込んでくると、心にもない一時逃れをするが、 これは絶村いけない。仮にも神の信徒として嘘をつくなどは許されない。 知らない事は知らないと正直に言えばいいのである。ところが知らないと いうと相手が軽蔑しやしないかと思って、知ってる振りをしたがるものだ が、これが最もいけない。そうすると却って逆効果になる。というのは、 知らない事は知らないと言うと、先方はこの先生は正直な人だから信用が できると思う事になる。いくら偉い人でも、何でも知っているなんて人は 恐らくない。だから知らない事があっても決して耽にはならないのである。

   それから私に質問する場合、み教えの中にちゃんと書いてある事がらが よくあるが、これらは平素全くみ教えを読むのを怠っているからである。 だからできるだけみ教えを読む事で、読めば読む程信仰が深くなり、魂 が磨けるのである。み教えの拝読を疎かにする者は、力がだんだん減るも のである。信仰が徹底すればするほど、貪るように読みたくなるもので、 繰り返し繰り返し肚にはいるまで読むのがよいのである。勿論読めば読む ほどご神意がはっきり分るものである。

昭和25年(1950年)11月29日
「栄光」80号     『岡田茂吉全集』著述篇第八巻 p.680

    

大いに注意すべきこと


   私のかいた文字を粗末にすると必ずお気付けがあるから、注意して貰い たい。これは“おひかり”に限らず、すべての文字がそうである。何とな れば一字々々に神霊が宿られているからである。そのくらいの偉力がなけ れば、万人を救うことができるはずはないからで、つまり私の文字は生き ているので、そのつもりで扱うべきである。

昭和27年(1952年)5月14日
「栄光」156号     『岡田茂吉全集』著述篇第十巻 p.491

『聖教書』 p.356


戻る