×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

霊層界


   霊界は、天国、八衢、地獄の三段階になっている事は既説の通りである が、これが人間の運命と密接な関係をもっている事を説いてみよう。

   そうして右の三段階を細別すれば一段は六十になり、合計百人十段階の 層になっている。私はこれを名付けて霊層界という。

   人間が現世に生まれるという事は神の命によるのである。生命の命は命 令の命と同一であるのもその意味であろう。誰しも思う事は、人間は何が 故に生まれたかという事である。この事を真に把握せぎる限り正しい行動 も安心立命も得られないのみか、空虚な酔生夢死的人生に終わるおそれが ある。然らば神の意図とは何ぞやと言えば、この地上をして理想世界、言い 変えれば地上天国を建設する事である。とは言えどそれは恐らく、その規 模において、その構想において、壮麗雄大なる、言語に絶するものがあろう 事は想像に難からない。何となれば無限に進歩しつつある文化は、極まる ところがないからである。この意味において現在までの世界歴史は、その 基礎的工作に過ぎなかったのである。そうして神は一人々々それぞれの使 命を与え、特長を持たせ、生き変わり死に変わり、理想目的に向かって前進 せしめつつあるのである。従って善も悪も、戦争も平和も、破壊も創造も、 進化に必要なる一過程に過ぎない事を知るのである。

   そうして今は如何なる時かは詳細説いた如く、私の唱える夜昼転換期の それであり、全世界は今将に新時代に向かって一大飛躍せんとしつつあり、 今人類は野蛮の衣をかなぐり捨て、高度の文化人たる域に達せんとしつつ ある事である。ここにはじめて戦争も病気も貧乏も終焉を告げるのである。 勿論浄霊の出現はそのための先駆であり、核心的のものである。

   以上の如く、神の意図によって絶えず人間に命令を下しつつある。それ は如何なる手段によるかというに、霊層界においては人間一人々々の種が 存在する。この種を私は名付けて幽魂と言う。この幽魂にまず命が下るの である。然るに幽魂は人間霊体の中府にある現魂に向かい霊線を通じて神の 命を伝達するのである。しかしながら一般人間が神の命を直感し得ること は至難であって、ある程度浄化されたる霊体の保有者にして可能である。 それは大多数の人間は、多量の曇りに遮られ感知でき得ないばかりか、そ の曇りを利用する邪神によっても妨害されるからである。

   右の証左として如何なる人間と雖も、自己の企図する事が意の如くなら ない事や、予想もしない方向に運命が転ずる事があろう。また人間は常に 何ものかに支配されいる感や、どうにもならぬ運命の経路を辿る事がある であろう。そうして霊層界にある幽魂はそれ自体の階級によって、使命も 運各も差別がある。即ち上位の階級にある幽魂ほど神命も大きく高級で、 然も幸運であり、下位に降るほど漸次右と反対で薄幸となり、最下段は最 も不幸者となるのである。何となれば上位は天国に相応し、病なく争いな く物資豊かに歓喜の世界であるに反し、下位に降るほどそれと反対に病気、 争闘、貧窮に充ちたる苦悩の世界であるからである。この意味において人 間が真の幸衛者たらんとするには、まず霊層界における幽魂をして向上せ しめなくてはならない。然らばその方法如何というに、それは霊体を浄め る一事である。本来霊体は曇りの多少によって上昇し下降する。即ち浄魂 は軽きをもって上昇し、曇魂は重きをもって下降する。故に浄魂者たらん とするには、善行を重ね、善徳を積まねばならない。それは相当の時間と 犠牲を払わねばならないが、ここに一挙にして霊層界の数十段階を飛躍し 得る方法がある。即ち本数の教修を受ける事である。

   本数信者が異口同音に言う事は、精神的にはまず人生観が一変する。知 恵正覚が豊かになって、事物の真相をよく把握し得られる。前途に光明を 認め、不安は解消する。楽観的になり、初めて真の安心感を得た。また物 質的には不思議に財物が集まり、不自由がなくなる。不幸が減り幸福の面 が多くなり、実に不思議である。全く救われた、有難い、という感謝の声 は日々無数に私の耳や目にはいるのである。

昭和22年(1947年)2月5日
「天国の福音」     『岡田茂吉全集』著述篇第五巻 p.343
『聖教書』 p.366


戻る